経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

ゴルフにおける意識 ダウンスイング時の下半身リードのイメージ

スイング

 ダウンスイングは下半身リードとよくいわれる。そこに間違いはない。だが、下半身でリードすれば、あとはオートマチックにすべてがうまく動き、正しくインパクトに導かれていくものではないのだ。動きの適切な大きさやタイミングを説明しよう。

ゴルフのダウンスイング 下半身リードはイメージよりも小さく

ダウンスイングを上半身で始めるとクラブは外から下りるうえ、全身の力を効率良く連動できない

ダウンスイングを上半身で始めるとクラブは外から下りるうえ、全身の力を効率良く連動できない

 バックスイングからトップでは、肩と腰の捻転差〈X(エックス)ファクター〉を作ることがカギでした。ここで胸椎がねじれることで体幹の筋肉が伸縮し、インパクトに向けてのエネルギーを作っていきます。

 しかしダウンスイングを上半身で動き始めると、このエネルギーが一気に解放されてしまいますし、下半身の力を活用することもできません。それを防ぐために下半身リードが強調されるのです。

 下半身、具体的にはまず左足で踏み込むことから始まり、股関節を入れ、両脚の力を使いながら腰を回し、さらに肩を動かし腕を振り、クラブを振り戻します。つまり下から上。それがカラダの構造にとって合理的な順序(キネティックチェーン)であり、すべての力を集約してより力強いインパクトに導く秘訣です。

ダウンスイングで下半身リードの動きが大き過ぎると、クラブは振り遅れ、軌道も乱れてしまう

ダウンスイングで下半身リードの動きが大き過ぎると、クラブは振り遅れ、軌道も乱れてしまう

 右足に体重が乗ったトップから左足を踏み込み、左足に体重を乗せるところまでが、横方向の必要十分な動きです。しかし多くの人はこれでは不十分と感じるようで、さらに下半身を左へ動かし、流れた状態になります。これでは軸の位置が大きくずれるだけでなく上半身の傾きが変わるため、軌道が乱れ、クラブの振り遅れを招きますから、さまざまなミスの原因となります。下半身リードの運動量は、左右の移動という要素に限ると一般的なイメージよりもかなり小さいのです。

 しかしその動きがダウンスイングの引き金となり、全身のパーツを連動させて使う準備を整える、重要な役割を果たします。いわばダウンスイングの第1段階がそれで終了。ここからは第2段階、つまりそれ以外の部分を使う段階となります。バックスイングでも同様でしたが、下半身で動き始めたら、それだけであとはすべてがオートマチックに動いてくれるというものではありません。必要な動きをマスターするまでは、それぞれのパーツを適切に動かす意識を持つ必要があるのです。それでは、それぞれのパーツの動きについて次回以降、徹底的に説明していきます。

CEOゴルフのポイント

□ 切り返しは踏み込んで左足の上に体重を乗せることでスタートし、全身の連動につなぐ

□ 下半身リードにより腰と肩の捻転差の力を効率良く使える

トップ(左)から左股関節が左足の上に乗る(右)までが横方向の必要十分な動き。ここまでは腕を使っていない

トップ(左)から左股関節が左足の上に乗る(右)までが横方向の必要十分な動き。ここまでは腕を使っていない

左足を踏み込んでダウンスイングを始めると肩と腰の捻転差は保たれ、インパクトへ大きな力を集約できる

左足を踏み込んでダウンスイングを始めると肩と腰の捻転差は保たれ、インパクトへ大きな力を集約できる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筆者の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。