媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

起業家発掘の新たなステージへ

金の卵発掘プロジェクト

 「金の卵発掘プロジェクト」は将来の日本経済を背負って立つ人材を発掘し、日本を元気にするためのビジネスプランコンテスト。一次審査を通過した応募者のプレゼンによる最終審査会は、11月21日に開催される。第4回目を迎えた今年は、より内容を充実させるべく、新たな試みにもチャレンジする。最終審査に先立ち、今年の見どころを紹介する。

「金の卵発掘プロジェクト」公式ページ

 今回の「金の卵発掘プロジェクト」では、より応募者の特性に即した審査を行うために(1)ビジネス部門、(2)社会貢献部門、(3)学生部門の3部門を設けた。

 (1)と(2)を分けたことに関しては、収益性が高く将来的に規模の拡大が狙える事業と、規模は小さくても社会貢献度が高い事業では、審査基準が異なることを踏まえての措置である。

 2011年の初回開催でグランプリを受賞したライフイズテック社は、概ねプロジェクトの主旨に合致するベンチャーだったが、2回目以降は応募者も増え、業種、規模、成長ステージなどにバラツキがみられ、同じ基準で審査を行うことが難しくなった。こうした反省から、今回は部門別に、より厳格な審査を行う運びとなった。

 また、(3)の学生部門を設けたのは、大学関係者などからのヒアリングで、学生や大学OBの中にもユニークな起業家が多いことが分かり、彼らにも挑戦の機会を与えるべきだという結論に達したからである。

 学生部門の開催に際して、全面的な協力をいただいたのはジースタイラス社。同社は、学生が企業に自己アピールのプレゼンテーションを行う機会を設けて、企業から指名をもらう「逆求人フェスティバル」と呼ばれるイベントで10年の実績がある。

 逆求人フェスティバルは現在、1年に50回、全国8カ所で開催されており、企業と学生の最適なマッチングを実現している。この活動を通じて培った教育機関や学生との強固なネットワークを武器に、今回、金の卵発掘プロジェクトにも多数の応募者を推薦してもらった。

最終審査のプレゼンは毎年大きな盛り上がりを見せる(写真は前回の様子)

最終審査のプレゼンは毎年大きな盛り上がりを見せる(写真は前回の様子)

 社長の折阪佳紀氏自身も、学生時代に起業した経験の持ち主。自らの就職活動の際に、 「自分を偽ることに違和感があって、社会に出ることに対してワクワクできなかった。だから、自分でその機会をつくりたかった」という理由で会社を立ち上げたという。そんな折阪氏だからこそ、学生の可能性を大きく広げる、金の卵発掘プロジェクトの主旨に賛同していただけた。

 今年も審査委員として、米倉誠一郎・一橋大学教授、熊谷正寿・GMOインターネット会長、夏野剛・慶応義塾大学特別招聘教授、前澤友作・スタートトゥデイ代表取締役という錚々たるメンバーが揃うほか、個人投資家やベンチャーキャピタル、金融機関の関係者も招待することになった。最終審査が、金の卵たちと投資家が結び付く「場」となることを目指している。

「プロジェクトを通じて未来のリーダーを生み出したい」--折阪佳紀(ジースタイラス社長)

折阪佳紀(ジースタイラス社長)

折阪佳紀(ジースタイラス社長)

 金の卵発掘プロジェクトとの連携を決めたのは、逆求人フェスティバルをスタートさせたキッカケである「未来を作るリーダーを生み出していく」という目的と合致したからです。

 これまでは、学生と企業が出会う場として、逆求人フェスティバルの開催や学生のプレゼンテーション支援などを行う一方、企業に対しては将来の幹部候補生をご案内するという形でアピールしてきました。

 そうした取り組みを行う中、学生の将来には就職だけでなく、起業という選択肢があってもよいのではないか、学生と企業との関係が雇う側と雇われる側でなく、出資関係になるのもありではないかと思うようになりました。

 弊社では、「プラチナ逆求人フェスティバル」という、起業の道を提案するためのイベントも行っています。これは事業プランを競うコンテストで、金の卵発掘プロジェクトのコンセプトに非常に近いものです。こうした部分で大いなる親和性を感じたことも、参加を決めた理由です。

 金の卵発掘プロジェクトに期待するのは、ダイヤモンドのような輝きを持つ隠れたベンチャーの卵と、大企業とのマッチングです。また、ロールモデルとなる偉大な経営者の方々と学生が触れ合う機会を設けることで、学生にとって良い刺激になってほしいと考えています。 (談)

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る