媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「VCは資金以外の競争力が問われる時代に」--平石郁生(サンブリッジ グローバルベンチャーズ社長)

平石郁生

平石郁生氏は語る 一般的なVCという概念ではない

 われわれの収益構造はVCに近いが、いわゆる一般的なVCという概念では活動していない。ファンドの管理報酬から、活動費を得る以外にも、シード・アーリーのベンチャー発掘イベントを開催したり、インキュベーション施設の運営を手掛けたり、若い起業家たちをシリコンバレーに送り込んだりといった取り組みを行っている。いわば、イノベーションを起こしていくためのエコシステムづくりだ。

平石郁生

平石郁生(ひらいし・いくお)
1963年生まれ。福島県出身。大学卒業後、コンサルティングファーム、外資系広告代理店等を経て91年起業。90年代後半からネットビジネスに携わり、ウェブクルー創業への参画、インタースコープ創業等を経て、2012年サンブリッジ グローバルベンチャーズを設立、社長に就任する。

 インターネットの世界で言えば、起業するための環境は、以前のネットバブル時代と比べると随分と変わった。まずは、通信環境が脆弱だった時代と異なり、今はWiFiでどこでもブロードバンド接続ができるようになった。資金調達の面では、ネットバブル時代と違って、自ら起業して得た資金を投資するエンジェル投資家や、ネットビジネスをよく理解しているVCが増えてきた。

 また、テクノロジーの進歩で、起業コストが劇的に低くなった。以前はサーバーをセットアップするだけで数千万円、場合によっては億単位のコストが掛かったが、今はクラウドサービスを利用すれば数万円で始められる。創業するための資金的なハードルが非常に下がっている。ソーシャルメディアを使えば、テレビや雑誌で宣伝しなくても認知度を高められるので、マーケティングコストも下がっている。

 そうなると、VCの存在意義も問われてくる。お金以外のメリットを提供できなければ、起業家から投資の要請は来ない。VCも得意な領域と、何ができるかを明確にしないといけない。その傾向は最近ではより顕著になった。

 今、われわれは15社に投資しているが、半分以上が海外の企業だ。グローバルに活動基盤があるし、通常の会話もメールも契約書も全部英語で対応できる上、人材ネットワークもある。こうした部分が起業家から評価されている。

 現在は、案件当たり数千万円程度のアーリーステージの投資だが、親会社では事業基盤が出来上がっているクラウド系サービスをシリコンバレーから日本へ持ってきて、ジョイントベンチャーを行う試みを行っている。

 このほかにも、サンブリッジで手掛けてきた、セールスフォース・ドットコムなどのクラウド系サービスを、日本企業に導入するための支援を行っている。これらの活動がグループとしての日本の柱である。(談)

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る