経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

ゴルフのスイングは切り返しで下へ力を加えることが飛距離の源泉

スイング

 ダウンスイングの第1段階で多くの人はいきなり力を目標方向へ出そうとして、空転(スピンアウト)している。力をムダに逃がしているのだ。切り返しでの力は下に加えよう。これを理解すれば飛距離を大きく伸ばす技術が手に入る!

ゴルフのスイングは力を目標方向に加えると空回してしまう

 ダウンスイングの第1段階については、動きの方向のイメージを正しく持つことがカギとなります。多くの人がトップからすぐさま目標へ向けて力を出そうとし過ぎてインパクトの質の低下を招いています。身体の回転が空回りして腕とクラブヘッドに力が伝わりませんし、クラブは寝て下がり、フェースは開くため、スライスになるのです。

切り返しで力を目標方向へ加えるイメージでは、左腰が浮き、手は外から下りてくる

切り返しで力を目標方向へ加えるイメージでは、左腰が浮き、手は外から下りてくる

 トップでは右足の上に体重を乗せています。ここから体重を左足の上に移す、つまり体重移動するという表現は間違っていませんが、単なる横方向の動きだけでは左腰が浮いて上体が開き、空転する原因となってしまいます。

 ダウンスイングの第1段階は、力を目標方向ではなく、下に向けることが必要だとイメージを変えてみましょう。

 左足を下に踏み込んで体重をしっかり乗せることが大切なのです。左足を下に踏み込むと、胸はボールを向いた状態となり、体重をボールに乗せながらカラダを回転させてクラブを下ろす感覚にもなります。

 手の動きももちろん下向きです。上半身をトップの形のまま残しておけば、下半身の動きに従って自然に腕は引っぱられて下りてきます。この動きは横やボールに向かうのではなく、やはり下向きであり、「電灯のひもを下に引く」という昔からあるレッスンワードのとおりなのです。

 こうすれば、シャフトが立って下りてくるため、ヘッドはプレーンに乗りますし、両脇も自然に締まり、腕とクラブが体幹の回転に無理なく追従していくポジションにはまります。つまり「クラブを振る」準備が整った状態。これを経てこそ、クラブを目標へ振るダウンスイングの第2段階へと進めるのです。

 PGAツアーの選手たちのスイング中の荷重の変化を測定した「フォースプレート」という機器のデータによると、飛ばし屋に分類されるプロたちほど切り返し時の左足への荷重が非常に大きいことが分かっています。思い切って左足を下へ踏み込んで、ダウンスイングを始めてみましょう。慣れないと切り返した瞬間にはボールが自分に対して非常に遠く感じるため、ダフりそうです。しかしこのあとすぐに適切に回転が始まれば、決してダフることはないので、手でヘッドを届かせようとせずに我慢してください。ここでの手の動きについては次回詳しく説明しましょう。

CEOゴルフのポイント(スイングに関して)

□ 切り返しでは左足を下へ踏み込む。力はまず下へ加えることが正しい動きになる
□ 切り返しで腕とクラブは下半身の動きに従って下へ動く。

筆者の記事一覧はこちら

飛ばし屋ほど切り返しでの左足の荷重の力が大きい。下に力を加えることで、球に体重を乗せられる

飛ばし屋ほど切り返しでの左足の荷重の力が大きい。下に力を加えることで、球に体重を乗せられる

切り返しでは手は決して意識して下ろすものではないが、動きとしては下向きであることをイメージすることが必要

切り返しでは手は決して意識して下ろすものではないが、動きとしては下向きであることをイメージすることが必要

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。