媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

2020年に向けた”東京再生”に向け再開発の動きが本格化

森ビル社長 辻 慎吾氏

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックという明確な目標ができたことで、今年は東京の再開発が加速した。森ビルの虎ノ門ヒルズ開業をはじめ、いくつかの大型プロジェクトが進展している。

オリンピック後を見据え東京の再開発が進展

 2014年は2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた準備が本格的に動き出した年となった。

 肝心のオリンピックスタジアムこそ解体業者の受発注に問題が生じ、国立競技場の解体工事が遅れている。

 また難易度の高い建築デザインの実現が疑問視される事態となっている。

 その一方で、選手村が予定される晴海エリアの開発をはじめ、オリンピックを機に東京の再生を目指す都市整備や開発が着々と進められつつある。

辻 慎吾(森ビル社長)

辻 慎吾(森ビル社長)

 その中で、今年まず注目を集めたのが、森ビルが6月に開業した虎ノ門ヒルズだ。虎ノ門ヒルズは、「幻のマッカーサー道路」と呼ばれていた環状2号線を跨ぐ形で、道路の上に高層ビルを建設し一体整備する画期的なプロジェクトとなっている。

 環状2号線は、オリンピックの選手村などが予定されている湾岸エリアと国立競技場を直結する「オリンピックロード」となる。このため、虎ノ門ヒルズは、オリンピックを見据えた東京再生の1つのシンボルと言える。

 森ビルでも虎ノ門ヒルズ開業に当たり、東京の未来はここから始まるとの意味を込めた「Hello,Mirai Tokyo!」というメッセージを発信した。

 ただし、20年のオリンピックはあくまで1つの目安にすぎない。重要なのはオリンピックを通過点とし、その先までを見据えて東京を強い都市にすることだという。

 

東京各地域の再開発を通じて国際都市間競争で勝つ

 森ビルでは、虎ノ門ヒルズを起爆剤に周辺開発を誘発し、一帯を国際新都心とするために都市づくりを続ける構えだ。虎ノ門ヒルズ周辺を含め、今後10年間で10のプロジェクトを1兆円規模で展開する予定。そこには国際都市間競争に勝たなければいけないという想いがある。

 現在、国際都市間競争で日本および東京の地位は相対的に低下している。

 英会計事務所のプライスウォーターハウスクーパースが発表した「世界の都市力比較2014」によると、東京は総合ランキングで30都市中13位となっている。ロンドンやニューヨークとの差が広がるだけでなく、アジアの中でも国際ビジネス都市としてシンガポールや香港に遅れを取っている。このため、「世界の都市間競争に勝てる都市づくり」は、業界全体のコンセンサスになっている。

 一方で、東京の中でも都市開発の競争が行われている。

 23区内を見ても、森ビルの六本木・虎ノ門だけでなく、三菱地所の丸ノ内、三井不動産の日本橋、東急グループの渋谷、西武グループの紀尾井町で都市開発のプロジェクトが進められている。銀座にいたっては、森ビルと東急グループが競合している。それぞれの都市開発を通じて、東京が国際都市間競争に勝つための一翼を担う構えだ。

三枝利行・東急不動産社長

三枝利行・東急不動産社長

 三井不動産社長の菰田正信氏は、「都市間競争に勝つためには、国際ビジネス拠点にふさわしい魅力的な都市空間の創造が求められる」と都市再生の意義を語った。また、東急不動産社長の三枝利行氏は銀座の開発について「われわれの責務は、海外からも訪れてもらえる魅力的な施設を作ることです。多くの観光客が来れば、日本は活気づく。われわれは短期的に都市開発を見ていません」と語っている。

 森ビル社長の辻慎吾氏は東京の都市開発を次のように語った。

 「東京でしっかりした都市づくりができれば、アジアのヘッドクォーターが集まり需要が生まれます。だから、六本木や虎ノ門がさらに魅力的な街になればいいし、丸ノ内など各地が良くなり、全体で東京が強くなればいいのです。加えて、東京が日本のエンジンとなり、それが地方に波及すればいいと考えています」

 各地域の開発の相乗効果で国際競争力が向上し、東京の再生につながる。

(文=本誌/村田晋一郎)

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る