経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

ゴルフのスイング 直線的に振り下ろす感覚がスライスの原因

スイング

切り返しから多くの人がクラブをアウトサイドから下ろしてしまう。通常、下半身リードでなく手を使って下ろすことが原因と説明されることが多いが、そのエラーを生んでいる「ダウンスイングの誤ったイメージ」を変えなければ修正は難しい。

スイング時の手の動く軌道とヘッドの軌道は違う

 トップからインパクトを最短距離で、つまり直線的に手を振り下ろすイメージはありませんか。ボールを強く叩きたい気持ちがあるとそうした意識になりがちです。が、それが力みや打ち急ぎ、そしてクラブをアウトサイドから下ろしてスライスする原因になっています。

 そうした振り方は野球のバットとは違う構造であるゴルフクラブには不向きなのです。

左手をアドレスの位置に残し、トップから右手で叩きにいくドリルがある。だがこれでは手が直線的に動く

左手をアドレスの位置に残し、トップから右手で叩きにいくドリルがある。だがこれでは手が直線的に動く

手がトップからインパクトへ直線的に動くとヘッドはスイングプレーン(破線)から外れてしまう

手がトップからインパクトへ直線的に動くとヘッドはスイングプレーン(破線)から外れてしまう

 手が直線的に、つまり最短距離でインパクトに戻る軌道をたどると、ヘッドは外側にはみだしてしまうことを理解してください。ヘッドは手の延長線上にあるわけではなく、腕とシャフトには一定の角度があるため、手とヘッドは同じプレーンに乗らないのです。

  ダウンスイングの第1段階で下半身が動くと、自然に腕とクラブはトップから少し低い位置に下りてきます。つまり手は、いったんインパクトへ向かう直線よりも下(インサイド)に外れるのですが、それによってヘッドはプレーンに乗ったまま下りてくることができます。

 手を遠回りさせるのと同時に、ヘッドも遠回りして下りてくる意識を持ったほうがいいでしょう。トップからヘッドを最短距離でインパクトに向かわせる意識があると、早いタイミングで手首をほどいてヘッドを必要以上に戻してしまいます。しかし効率の良いスイングを作り上げる上では、ダウンスイングの早い段階で手首の角度をほどくことは好ましくありません。手首の角度で準備しているエネルギーは、きたるべき正しいタイミング、つまりインパクトで発揮するためにまだキープしておくことが求められます。

切り返しでの下半身の動き出しで手はまず下に動き、遠回りしてインパクトに向かうが、ヘッドはプレーンに乗ったまま下りてくる

切り返しでの下半身の動き出しで手はまず下に動き、遠回りしてインパクトに向かうが、ヘッドはプレーンに乗ったまま下りてくる

ヘッドも遠回りする感覚があってもいい。ヘッドの行きたい方向に任せた結果、この動きになるという感覚だ

ヘッドも遠回りする感覚があってもいい。ヘッドの行きたい方向に任せた結果、この動きになるという感覚だ

 手首の角度をキープしておくと、下半身リードと体幹の回転によってクラブヘッドは円弧を描いて下りてきます。今まで直線的に下ろすイメージだった人にとっては、これも遠回りの感覚になると思います。しかしこの遠回りによってクラブフェースは適切にローテーションし始めることができ、インパクトを迎える準備が整うのです。

 トップから右手はまずカラダの真ヨコで下方向に動きます。その段階では手のひらは正面を向いたまま、なおかつコッキングの角度も保たれています。そこから右手は、遠回りするように動きヘッドの位置とフェース向きをコントロールしながらインパクトへ向かっていく。それが切り返し後の正しいイメージです。

 

CEOゴルフのポイント

□ 手とヘッドはトップから遠回りしてインパクトに向かう。

□ 下半身の動きで切り返すと手とヘッドが適切に動き出し、インパクトへの準備が整う。

筆者の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。