媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「創業者の想いを守りつつ、新しい形で実現しています」--東洋羽毛工業・柳場 弘社長

東洋羽毛工業 柳場 弘社長

 1947年に始まった共同募金の「赤い羽根」の供給に携わり、羽毛の優れた特性から寝具の可能性を見いだした横田春夫氏が創業した東洋羽毛工業。「羽毛寝具を通じて、日本の生活文化の向上を目指したい」という横田氏の使命感は創業60年の今でも息づいている。

東洋羽毛工業 創業60年は顧客からの信頼の証

 昨年、創業60周年を迎えた東洋羽毛工業。その歴史は日本の羽毛寝具の歴史でもある。

 「創業から『高品質』な羽毛ふとんへの想いは60年たった今でも変わりません」と、語る柳場弘社長。

今までにない睡眠の専門店「oluha(オルハ)上質睡眠専門店」

今までにない睡眠の専門店「oluha(オルハ)上質睡眠専門店」

 同社の羽毛寝具に使われるダウンは軽くて、冬あたたかく、夏さわやか、そして汗などの湿気を吸い発散するという優れた特質を持つことから寝具として理想の素材である。しかし、ダウンの種類、精製方法によってその特質が大きく変わってしまうことを知る人は少ない。

 「ダウンの毛足が長いとその特質は高くなり、ふっくら感を保つ復元力も高くなります。当社では寝具としての羽毛の特質を最大限に生かせる、毛足が長い成長した親鳥のダウンを使用しています。毛足が短い若鳥のダウンでは復元力が弱く、つぶれやすく保温性が低くなります。お客さまが毎日使う寝具だけにダウンの品質にはこだわっています」

 柳場社長の言葉どおり、同社は世界各地に赴き、産地や水鳥の種類、育成環境や期間、餌までも自らの目でチェックし、ダウンボールが大きく、高密度で弾力性が富むダウンを輸入している。

 同社に限らずダウンのほとんどは輸入。それであればコストの安い海外で生産し、輸入すれば価格も下がり、販売量も増えるはずである。しかし、同社はあえて除塵、洗毛、乾燥から縫製、羽毛詰め、検査の商品化まで国内の自社工場で行っている。

 「高い品質の原羽毛であっても、寝具になるまでの製造過程の管理にまで目が行き届いていなければ高品質な寝具はつくれません。特に原羽毛の除塵、洗毛、乾燥が大切で、品質管理を徹底しないと羽毛の特質が失われるだけではなく、臭いや虫などの問題がでてきます。完成品として輸入すると中の羽毛の除塵、洗毛、乾燥の程度が確認できません。あえて国内での製造にこだわる理由はここにあります」

 また、国内工場のスタッフの縫製技術の高さに加え、顧客の使い心地を考え、キルティング技術や生地などの商品開発の工夫も国内工場ならではの強みでもある。

 原羽毛から国内生産にいたるまで品質にこだわった同社の羽毛寝具、一度使うとほかは使えないと絶賛する顧客が多いのも納得できる。

東洋羽毛工業の新しいチャレンジとは

 同社は今まで各都道府県の看護協会をはじめ、地方自治体や学校、警察、医療機関などの共済会や互助会、生協の指定業者として職域販売を行ってきた。

 「職域販売は指定契約の団体さまとの信頼関係で結ばれた販売方法です。そのためにも品質の高い羽毛寝具の製造販売だけではなく、お客さまへのアフターサポートの体制も必要です。当社は全国39の営業所を展開していますが、営業拠点であると同時に購入いただいたお客さまのサポートの拠点であり、製品保証の拠点でもあります」

「お客さまの声を商品開発に生かしていきたい」と柳場社長

「お客さまの声を商品開発に生かしていきたい」と柳場社長

 同社は購入後のサービスとして羽毛寝具の補修、増減毛から、羽毛を取り出して直接洗浄する「プレミアムダウンウォッシュ」によるリフォームまでを全国の営業所で対応している。

 同社は、昨年10月、東京・銀座1丁目にオープンしたファッションビル「KIRARITO GINZA(キラリト ギンザ)」に初めての店舗となる「oluha(オルハ)上質睡眠専門店」をオープンさせた。「よく眠った人には、かなわない」がコンセプトの同店、同社の羽毛寝具だけではなく、睡眠をとおして「健康・美容・エイジングケア」をサポートする商品やサービス、情報を提供している。

 「職域販売では、看護師や医師、公務員などハードな仕事をこなす、〝働く〟お客さまへ羽毛寝具をとおして快適な睡眠を提供してきました。ここ数年、睡眠が『健康・美容・エイジングケア』という観点から注目され、一般のお客さまからの問い合わせも増えてきました。そこで60周年を機に、今までの職域販売ではカバーできなかったお客さまにもお喜びいただける店舗として『oluha上質睡眠専門店』をオープンさせました」

 確かに睡眠は美容、健康として広がりを見せている。低反発枕やアロマ、最近では睡眠計やスマートフォンの睡眠アプリ、布団クリーナーなど睡眠にかかわるヒット商品も出てきた。今後、睡眠状態をモニターできるウェアラブル端末が普及すれば、その欲求は〝快眠〟へと高まってきそうだ。

 「快眠の基本はやはり寝具にあります。今まで〝働く〟お客さまの睡眠をサポートしてきたノウハウで、オルハでは多くのお客さまに〝人生を楽しむ〟ための睡眠をサポートする商品、サービスを提供していきます」

 睡眠を十分に取ることが必要とされる現代社会の中で、睡眠に取り組んできた同社の役割はますます大きくなっていく。

(文=本誌/井上 博 写真=佐藤元樹)

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る