媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

薩長土肥が広域観光で連携 地方創生の要として期待

ニュースレポート

左から伊藤祐一郎・鹿児島県知事、村岡嗣政・山口県知事、尾﨑正直・高知県知事、山口祥義・佐賀県知事

左から伊藤祐一郎・鹿児島県知事、村岡嗣政・山口県知事、尾﨑正直・高知県知事、山口祥義・佐賀県知事

広域観光プロジェクト「平成の薩長土肥連合」を発足

 鹿児島、山口、高知、佐賀の4県の知事は8月31日、明治記念館において、広域観光プロジェクト「平成の薩長土肥連合」を発足し、盟約を締結した。3年後の2018年が明治維新150年に当たることから、今後の観光需要拡大を図る。

 4県はそれぞれ幕末の薩摩藩、長州藩、土佐藩、肥前藩にあたる。この4藩は明治維新を中心となって推進したため、4県には明治維新にゆかりの史跡が数多く存在し、重要な観光資源となっている。

 4県はいずれも地方で、少子高齢化、生産年齢人口の減少など共通の問題を抱えている。地域の産業振興が重要な課題となっており、地方創生の要として観光への期待が高い。

 もともとは鹿児島県と山口県の観光連盟が盟約を締結し、「薩長連合」を発足させたが、その後、連携拡大について高知県と佐賀県に打診し、4県の盟約締結に至った。

 盟約締結式では、伊藤祐一郎・鹿児島県知事、村岡嗣政・山口県知事、尾﨑正直・高知県知事、山口祥義・佐賀県知事が、各県観光の魅力をアピール。各県の観光資源が明治維新という1つのストーリーでつながり、広域観光のテーマが明確かつ訴求力が高いことがこの連携の強みだという。

広域観光の連携は協調と競争で

 今後は明治維新150年に向けて、4県合同の情報発信のほか、幕末・維新期の歴史をテーマとしたツアーをまとめ、広域観光周遊ルートを形成する。

 また、広域観光の中でも比較的遠隔地同士の連携となるため、相互送客の仕組みを構築する。4県をそれぞれ船で回るクルーズ船の企画も想定している。

 当面は国内需要の喚起が中心となるが、ゆくゆくはインバウンド需要も取り込みたい考え。外国人が幕末・維新期の歴史に興味を抱くかという問題はあるが、4県のうち鹿児島、山口、佐賀の3県には先日、世界遺産に認定された明治日本の産業革命遺産がある。世界遺産認定の理由にもなったように、「日本が近代化を成し遂げた意義は世界にアピールできるポイント」と村岡・山口県知事は期待をよせる。

 さらに連携を通して4県の行政スタッフが交流することで、共通の課題に対する政策ノウハウができるという相乗効果に期待している。

 こうした広域連携は協調と競争が共存する。協調できる部分は協調した上で、最終的には連携による観光需要の拡大を各県がいかに地方創生へつなげていくかが問われることになる。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る