経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

北朝鮮の敵は日米ではなく中国共産党か?

変貌するアジア

習近平政権が北朝鮮を冷遇

 2015年9月3日、中国・北京では「抗日戦勝70周年」記念行事が行われた。だが、西側の首脳は、皆、参加を見送った。習近平が行う「抗日戦勝70周年」(中国共産党はほとんど真正面から抗日戦を戦うことはなかった)の怪しさを感じ取っているからだろう。

 ウクライナでの問題を抱えるロシアのプーチン大統領は式典に参加している。中国とロシアは「現状維持」(=平和)勢力ではなく、力による「現状維持」の変更を試みる「現状打破」勢力かもしれない。だからと言って、中国とロシアが“蜜月関係”にあるかと言えば、はなはだ疑問である。中ロは互いに不信感を抱きつつ、“友好”を演出しているだけではないのか。

 一方、韓国の朴槿恵大統領が行事に臨席している。オバマ政権があれほど式典参加を見送るよう警告したにもかかわらず、朴大統領はそれを押し切り参列した。韓国は安全保障で依拠している米国よりも、経済的に依存している中国を優先したのである。韓国は伝統的「中国的世界秩序」(ジョン・K・フェアバンク教授)へ回帰したとも言えよう。

 北朝鮮の金正恩第一書記は、「9・3大閲兵」式には不参加だった。そのためか、行事での記念写真では、金書記の代理、崔竜海(チェ・リョンヘ)は一番端におさまっている。習近平政権が北朝鮮を冷遇した証だろう。

習近平は金正恩が嫌い?

 さて、多くの人は、しばしば人民解放軍は一枚岩である、また、共産党は解放軍をしっかり掌握しているという “思い込み”を持つ。だが、以下の仮説は有力かもしれない。

 人民解放軍瀋陽軍区(江沢民の「上海閥」系。かつての制服組トップ、「東北の虎」と呼ばれた徐才厚<今年3月死亡>が事実上支配)は北京政府と対立している。

 瀋陽軍区は兵士に朝鮮族が多く、北朝鮮に親近感を持つ。そして、(ロシア・モンゴル・北朝鮮に国境を接するため)解放軍の精鋭機械化5部隊のうち4部隊を持つが、核は保有していない。そこで、瀋陽軍区が北朝鮮に核製造のための情報を流し、金正日に核兵器を創らせたという(いざとなれば、瀋陽軍区は北の核を北京へ打ち込む算段かもしれない)。

 北朝鮮は、人民解放軍瀋陽軍区に依存している。ある意味、両者は一体化している(軍事評論家、鍛冶俊樹氏)。もし、中国が北朝鮮を苛めるつもりならば、北に対し食糧・エネルギー等を止めればよい。金王朝は1週間と保たないだろう。しかし、共産党が北朝鮮にそれらを止めたという話は寡聞にして知らない。

 恐らく習近平は金正恩が嫌いなはずである。2013年3月、習近平政権が名実ともに誕生した。本来ならば、金正恩第一書記は、すぐさま北京へ挨拶に行かねばならないだろう。ところが、今もって、金正恩はその気配すら見せていない(一方、朴槿恵大統領は、早速、同年6月、訪中している)。

 また、金正恩は、2013年2月(胡政権から習政権移行中)、第3回目の核実験を行っている。さらに、同年暮れ、正恩は北京政府と太いつながりを持っていた叔父の張成沢を処刑した。北京は不愉快だったに違いない。

 実は、張成沢は幼い時から、配偶者の金敬姫(金正日の実妹)と共に、甥の金正男(長男)を可愛いがっていた。ところが、金正男は2001年、日本で偽パスポートを持って入国した際、逮捕された(小泉純一郎政権は、すぐに金正男を北朝鮮へ強制送還した)。この一件で、金正男は金正日の後継者の資格を失ったと言われる。

北朝鮮の敵は中国共産党か?

 しかし、張成沢は、いつか三男の金正恩を排して、金正男を北朝鮮トップにしたかったと思われる。2012年夏、張成沢は北京で胡錦濤と会見した際、その事を胡錦濤に告げたという。

 だが、瀋陽軍区に近い「上海閥」の周永康(既に無期懲役の判決を受けている)は、何とその内容を金正恩へ密告したのである。そのため、2013年12月、金正恩は張成沢を機関銃で銃殺し、火炎放射器で遺体を焼いた。表向きの処刑理由は、張成沢が北の資源を安く中国へ輸出していたからとされる。

 結局、北京政府は、金正男(北京に2軒、マカオに1軒家を持つという)を推し、他方、瀋陽軍区は金正恩を支援している構図だろう。

 習近平政権としては、手強い瀋陽軍区を何とか制御したいと思っているに違いない。そのため、「9・3大閲兵」後、早速、7大軍区を「4戦区」へ改編しようとしている。

 習近平は、北京軍区と瀋陽軍区を合併させ「東北戦区」とし、北京をセンターとして瀋陽軍区を掌握しようと考えているのではないか。さもないと、いつ瀋陽軍区が北京政府に刃向かうとも限らないからである。

 以上の仮説が正しいとすれば、瀋陽軍区から手厚い支援を受けている北朝鮮の敵は、米国や日本ではなく、意外にも北京政府なのかもしれない。

 

筆者の記事一覧はこちら

【国際】の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。