媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「下落局面」に対抗するために投資家が知っておきたい5つの方法

 荒れ相場が続いている。日経平均株価は、8月中旬につけた2万540円から1週間足らずの8月26日には1万7千714円の安値を付けた。9月8日に日経平均株価が1万7500円を割り込んだ水準から一転、9月9日の終値は、21年7ヶ月ぶり、歴代6位の上昇幅となる前日比1343円43銭高の1万8770円51銭で引けた。翌日9月10日の東京株式市場の日経平均株価は、一時、前日比777円39銭安の1万7993円12銭と、1万8000円を割り込んでいる。このように、大幅上昇と大幅下落を繰り返す日経平均だが、今回は下落相場に対抗する手段に焦点を絞って紹介していく。[提供:ZUU online]

 個別銘柄で見ると、例えばインバウンド(来日外国人の購買などで恩恵を受ける)銘柄として大きく上昇した資生堂は8月11日の3,327円から9月9日2,412円まで下落した。この下落で大きく資産を減らした人も多かったはずだ。一方で、空売りやヘッジ売りで資産を守った人、大きく利益を出した投資家もいる。

 以下では、投機的な利益を考えるだけではなく、株式やETFや投資信託を買い付けた投資家が、市場に異変を感じた時、簡単にヘッジ(具体的にはヘッジ商品で、利益を出して、既存の投資商品の損を少なくする。あるいは減らす事)する方法を紹介する。

ヘッジ方法例

 以下にそれぞれの方法についてそれぞれ解説していく。

①保有株式を売却する
②持ち株を信用で売り立てる
③株式先物を売る
④オプション取引でヘッジする
⑤ヘッジのためのETF商品を買う

 

①保有株式を売却する、②持ち株を信用で売り建てる

・保有株式の売却、信用で売り建てる
・保有株式の売却、利益確定ないしは損切りを行う

 NISA枠で売却は考えない、又相続等で、税金その他の関係でしばらく売れない場合は、保有株式を信用取引で売り建てるという方法も考えられる。ただし、貸借銘柄か証券会社が認めた銘柄に制限はされるが、信用取引の売建てでヘッジすることも可能だ。その場合買い戻し価格が難しいが、全体相場が落ち着いた時に行えば良い。

③株式先物を売る

 日経平均先物の仕組みを簡単に説明すると、

・日経平均株価(仮に2万円)2万円×千倍=2千万円の売建て
・日経平均ミニ先物では、この10分の1、つまり2百万円の売建て

となる。この取引は信用取引の一種であり、証拠金が必要になる。

 日経平均先物取引は通常の単位が1千倍の価格、証拠金はその100分の1、つまり日経平均株価2万円の時ならば、建て玉は1単位2千万円、証拠金は最低2百万円が必要だ。これを10分の1のサイズにしたのが、ミニ先物である。具体的な取引例を見てみよう。

 仮に日経平均株価が2万円の時、1万9千円まで下がった場合に日経平均先物を1枚売り建てたとすると、「2万円-1万9千円=1,000円」。「1,000円×1,000倍=100万円」の利益(手数料、税金は考慮せず)となる。日経平均ミニ先物を1枚売り建てた場合は、この10分の1の10万円の利益となる。

 ただし、投機的な面もあり、証拠金や、どこで損切りするかなどのリスク管理には注意が必要だ。

④オプションでヘッジする

 ここではオプションの買建てのみを考える。買建ては買値だけの損限定だが売建てはリスクが限定されず危険なためだ。

 オプション取引とは決められた月日(決済日、SQ日ともいう)の日経平均株価を定め、その価格で売る権利『プットオプション』、買う権利『コールオプション」の売買だ。

 例えば、日経平均株価1万4千500円コールオプションは決済日(SQ日)に日経平均株価が1万5千円で引ければ、500円の価値がある。一方この引け値で1万5千500円プットオプションを買建てた場合も500円の価値となる。オプションの単位は1,000倍なので、上記の例ではそれぞれ50万円の価値となる。このようにして決められた日(SQ日)の価格が下がるか上がるかの予想があたれば大きな価値を生むことになる。そしてこの予想をヘッジに使う。

 ここで大事なのは、ヘッジならば掛け捨て保険のように捨てたつもりで静観するという事。今回の急落でも僅かの利益で売却してしまい、その後の下落局面において保険を手放してしまっている場合も意外に多い。

 今回のような滅多にない急落場面では、例えば1万8千500円プットは8月11日には30ポイント程度つまりは3万円程度だったが、26日、一時的に株式先物が1万7千160円に暴落した場面では1500ポイントまで急騰した。実に3万円が150万円となった。

⑤ETF商品で下げをヘッジ

 ETF商品の中には、下落局面で利益が出る、日経平均ダブルインバースなどの商品もある。

多様なヘッジ手段に触れることで、自己の資産を守ろう

 株式市場には主に二つのリスクが存在する。一つ目が個別株リスク。二つ目が市場リスクである。個別株に何か業績悪のような材料が出た時は、売却するか、信用で売り建てることが可能。反対に市場全体が売られるような時は、日経平均先物、オプション、ETFのような商品で市場リスクを管理出来る。この二つのリスクを上手に管理する様々なヘッジ手段で、自分の資産を守ろう。それが波乱相場を乗り切る一つの方法である。(ZUU online 編集部)

zuu_logo_header190x60

 

 

 

【関連記事】
・出来高変化率ランキング(13時台)~ACCESS、電算システムなどがランクイン
・人類史上長者1位は誰?「現役」からはビル・ゲイツ氏が9位にランクイン
・「旅費が高い国トップ10」欧州押しのけ意外な国が1、2位にランクイン
・日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
・10位でも1億円?世界一高いスーパーカーランキング【2015年版】

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る