媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

岡山から世界へ。そして次のステージはライフスタイル&テクノロジー企業――石川康晴(クロスカンパニー社長)

クロスカンパニー社長 石川康晴氏

 「アース ミュージック&エコロジー」をはじめ、10以上のブランドを展開するアパレルメーカー、クロスカンパニー。グループ全体の店舗数は国内外で1千以上、グループ売上高は1千億円を超える。アパレルメーカーの枠を超えた企業への脱皮を目指す同社の、次の一手は?

 石川康晴社長が岡山に私財を投入して創設

 国内企業のみならず、外資系ファストファッションブランドの出店攻勢も激しさを増すアパレル業界。少子化の影響もあり、特に若年層をメインターゲットとしたブランドでは、苦境に立たされているところも多い。

 そのような市場環境の中、クロスカンパニーは堅調だ。店舗網は日本全国から海外にまで広がり、また、主力ブランドである「アース ミュージック&エコロジー」のテレビCMが数多く流されていることもあり、知名度はまさに全国区。今や「岡山の企業」というイメージは薄い。しかし、クロスカンパニーの本社は今でも岡山市内にあり、石川康晴社長は「岡山から本社を動かそうと思ったことはない」と言い切る。

 「1つは単純に郷土愛ですね。生まれ育ったところですから。そして、起業した土地であり、恩を受けたという想いも強い」

 1994年の創業時は、輸入衣料を扱うセレクトショップだった。「当時は輸入品の扱いが雑で、穴があいていたり、シミがある製品も混ざっていたんですよ。1日の売り上げが2万円程度の店で、そうした商品を捨てるのはすごく辛い。その時に『5千円の定価で買うよ』とおっしゃってくださるお客さまが何人もいて。とても感謝しています。その恩を忘れて、岡山を捨てることはできません」

 岡山への恩返しの気持ちを込めて石川社長が私財を投入して創設したのが「オカヤマアワード」だ。年に1度、ビジネス、文化、スポーツなどの分野で活躍した人物を表彰するこの賞も、今年で6回目を迎える。

 「私は岡山を大切に思っていますが、一方で、本部やラボ的な機能を東京に置くことも非常に大切だと思っています。東京は情報が集まる場所ですから、わが社も東京に本部を置いています。だから、オカヤマアワードを受賞した若手経営者が東京に進出して売り上げを飛躍的に伸ばした、というような話を聞くと、うれしいですね。最初の一歩を踏み出すお手伝いができた、ということですから」

岡山から生まれたクロスカンパニーの展開とは

(いしかわ・やすはる)1970年岡山県岡山市生まれ。岡山大学経済学部卒。現在、京都大学大学院に在学中。幼少期より洋服が好きで、94年、23歳の時にレディスセレクトショップ「CROSS」オープン。95年、有限会社クロスカンパニー設立。公益財団法人 石川文化振興財団理事長。

(いしかわ・やすはる)1970年岡山県岡山市生まれ。岡山大学経済学部卒。現在、京都大学大学院に在学中。幼少期より洋服が好きで、94年、23歳の時にレディスセレクトショップ「CROSS」オープン。95年、有限会社クロスカンパニー設立。公益財団法人 石川文化振興財団理事長。

 同社の海外展開は、香港から始まった。2011年には、中国に現地法人を設立し、現在は今期中に100店舗を達成する見込み。今では、世界28カ国で200以上の店舗を展開している。「アース ミュージック&エコロジー」はアジアで強みを発揮するが、14年にはより広い地域を視野に入れたグローバル戦略新ブランド「KOE」も立ち上げた。

 「日本は少子化ですが、世界規模で見ると人口は伸びています。だから国境を越え、若い人たちのいる場所に引っ越していく、ヤンググローバル展開を進めています。同時に国内では生産性をアップし、売り上げより利益を重視した戦略をとっています」

 岡山から生まれたクロスカンパニーは、まさにグローバル企業へと成長を遂げた。その次は? という問いに対する石川社長の答えは「ライフスタイル&テクノロジーカンパニー」

 「洋服を売っておしまいではなく、アフターサービスも提供して、ライフスタイルを提案できる企業になりたいと思っています。洋服を買えば、その後にはクリーニングも必要だし、クローゼットが狭くなったら保管場所も必要。インターネットやテクノロジーを駆使して、顧客に便利で快適な暮らしに必要なサービスを提供していきたい」

 その1歩目が、15年5月に行われた、インターネットを通じた宅配クリーニング事業を行う「バスケット株式会社」の買収だ。アパレル事業との高いシナジーと、社内でのIT技術の蓄積が期待される。アパレルの枠を超え、生活周辺サービスへの参入を始めた同社から、いよいよ目が離せない。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る