媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

“橋下改革”に最後の審判 「大阪都構想」再燃するか

ニュースレポート

住民投票で否決された「大阪都構想」が大阪府知事、大阪市長選で再び争点に上った。錦の御旗を掲げる大阪維新の会に真っ向から反対する自民党を軸とする非維新陣営の対決に、有権者はどんな審判を下したのか。「政界引退」宣言した橋下大阪市長の今後は。 文=ジャーナリスト/宮城健一

大阪再生に向け「都構想」再び

20151222OSAKA_P01  11月5日に告示された大阪府知事選で、立候補したのは自民党推薦の前府議で公認会計士の栗原貴子氏(53歳)と大阪維新の会公認で現知事の松井一郎氏(51歳)、そして元府立高校教諭、美馬幸則氏(65歳)の3人。

 今回のダブル選挙で最も注目されたのは、やはり「都構想」の争点となる大阪市だ。8日の告示での立候補者は、大阪維新の会公認で元衆院議員の吉村洋文氏(40歳)と事実上の一騎打ちとなる自民党推薦で無所属の元大阪市議、柳本顕氏(41歳)を軸に民主、共産党まで連携しアンチ維新で固まる。公明党は「自主投票」で臨んだ。この他、無所属で元大阪市北区長の中川暢三氏(59歳)と元会社員、高尾英尚氏(33歳)の4人が立候補した。

 「市長選では橋下市長を私がしっかりと乗り越えていきます」と、告示日の8日の出陣式で吉村候補ははっきりこう言い切った。優等生タイプの吉村氏は、橋下氏の信頼も厚い。演説や対話集会でも前回は「急ぎ過ぎだ」との批判を考慮してか、ダブル選では3年程度かけてじっくり市民の意見を聞きながら設計図を書き換えるとアピールした。

 若者への訴えも積極的だった。橋下氏は、中央区の若者の街“アメリカ村”まで乗り込んで「役所が作った多額の借金をこれから50年、皆さんが払わないといけない」と橋下節を披露。知名度のない吉村氏に比べて橋下氏の存在感が圧倒的だ。

 これに対して柳本氏は「大阪を破壊するだけの改革は止めるべき。われわれは創造的な改革を目指す」と、第一声で訴えた。自民党も政権中央と近いといわれる柳本氏を演出するためか、今度ばかりは14日には大阪駅前で谷垣禎一幹事長、西区で石破茂地方創生相が商店街を回るなど大物が相次いで大阪入り。「徹底的に戦い、必ず勝つ」と維新への闘争心をむき出しにした。

 2011年11月の大阪市長選では、当時大阪府知事だった橋下氏が翌年2月の知事選を繰り上げて大阪都構想を錦の御旗に出馬した。今回のダブル選挙は2度目の選挙となる。当時の〝維新旋風”の追い風に乗り現在の松井知事、橋下市長の体制が確立。各種の大阪の改革に取り組んだ。

 しかし、最大のテーマだった都構想は今年5月の大阪市民の住民投票で「NO」の審判が下された。この結果、自民党が中心となり非維新が提唱したのが、大阪戦略調整会議(大阪会議)の設置で、選挙で全面対決の構図にもなった。

自民の「大阪会議」はポンコツ

 都構想は24区ある大阪市を再編し特別区を設置。市が行ってきた広域行政は府に任せ、特別区は教育、福祉などの身近な分野を受け持ち、府との二重行政を解消しようというもの。

 これに対して「大阪会議」は府と政令都市の大阪市、堺市の首長と議員が二重行政の解消や成長戦略などを話し合いで制度設計する。だが、この7月頃から運営をめぐるゴタゴタで会議は進まず事態収拾のめどが立っていない。これを称して橋下氏は「ポンコツだ」と酷評している。

 ただ「都構想」を進める最大のハードルは、このダブル選での「2勝」が絶対の条件であること。そして設計図が出来上がっても住民投票には府議会と市議会の承認が必要となる。大阪維新の会は両議会とも過半数を割っており、他の会派の同意が必要となってくる。ここで公明党の動向がポイントになったが、今後の国政選挙などを勘案し「自主投票」の立場をとった。

 再度の挑戦となる「大阪都構想」について、橋下市長の評価を含め近畿の知事・政令市長の評価は分かれた。関西広域連合長の井戸敏三・兵庫県知事は「(住民投票の)半年後に、再び是非を問うことには違和感がある」と語り、竹山修身・堺市長は「大阪は維新政治と決別しなければいけない」と鮮明に反対の立場。また、久元喜造・神戸市長は「都構想が選挙戦の論点、特段の違和感はない」と語った。

 ただ、現状を考えれば、大阪のことばかり考えていては東京に対抗できないとの考えから、大阪を越えたオール関西のリーダーを求める声は多い。

 また、橋下氏の4年間の改革への評価はどうだったのか。「政界引退」を公言した橋下氏だが、来年の参院選などの出馬の声もある。「私人になれば行動は自由だ」と本人は相変わらず含みのある言葉を残す。一時に比べ人気に陰りがあるとはいえ、ある新聞が実施した世論調査では不支持は36%で、支持は44%。支持層のうち、90%は橋下氏が後継指名した吉村氏を支持した。

 果たして、11月22日の投票で、有権者が下した最後の審判は、知事選、市長選ともに維新の会の勝利に終わった。都構想再挑戦の絶対条件をまずはクリアした形で、新たな設計図を練り直して再び住民からその是非を問うことになる可能性が極めて高くなった。橋下氏の去就も含めて、今後も波乱が続きそうだ。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る