媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

子どもに教えたい日本とお金の真実。

富裕層専門のカリスマFP 江上治

子どもに教えたい、生きる上で重要なこととは

『あなたがもし残酷な100人の村の村人だと知ったら』(経済界・1200円+税)

『あなたがもし残酷な100人の村の村人だと知ったら』(経済界・1200円+税)

 新刊『あなたがもし残酷な100人の村の村人だと知ったら』(経済界・1200円+税)が好評だ。発売直後に、すぐアマゾンのビジネス部門でベスト10入りした。

 自分のためというより子どもたちに読ませたい、いい内容だ、という声を聞く。この感想は、著者の私としては、まさにわが意を得たりだ。

 私にも、10代の娘が2人いる。彼女たちの人生航路は、まだ始まったばかりで、これから何十年もの長い月日、社会という荒波の中を航海していかなくてはならない。

 私の娘ばかりではない。世の小学生から中学生、高校生、そして大学生たちの前には、長い長い人生が待ち受けている。その人生は、社会と不可分に結びついている。

 つまり人は社会から大きな影響を受けながら、生きていかざるを得ない。

 だから、社会が今どうなっているのか、どう動いていくのかを知ることは、生きる上でたいへん重要になる。

 だが、社会がどう動いていくか、将来を見通すことはきわめて難しい。

 難しいが、ある程度予想ができるならば、生きていくうえでの心構えはまったく違ってくるに違いない。どうやってそれを知ることができるか。

 知るカギは、社会の動きには切れ目がないという点に着目することである。

子供が「今日の現実に目を開き、明日の生き方を考える」ために作られた本

 人生や社会そのものの展開は、「今日」の続きが「明日」で、明日は明後日につながっている。一切、切れ目がない。

 今日の現実が、完全に独立した存在であって、明日には無関係な存在として消滅しているということはあり得ない。

 人生で今日、努力したことは、何日かしてからの結果に反映するし、世の中で今日起こったことは、明日、明後日、あるいはもっと後の出来事に影響する。

 そこで社会で起こることのすべてがつながっているという事実を考えれば、将来、起きるであろうことの種(タネ)は、現在に播かれていると考えて間違いではないだろう。

 私の今度の本は、そこに着目して、若い人たちが、「今日の現実に目を開き、明日の生き方を考える」ために創られた本と言っていい。主人公は、若い人たちであり、大人は、若者たちがその現実を知るために事実の現場に導く立場にある。だから本の帯には、こうある。

 「13歳から知っておきたい日本とお金の衝撃の真実」

 「教えていますか? この国で生き延びる知恵と方法を。」

子供に今日の日本とお金の真実を教える大切さとは

 実際、本の帯にあるように、大人たちは若者に、日本の危うい今日の姿を「教えて」いるのだろうか?

 ここまで危うい姿である日本は、将来、自分の子どもたちが大人になったとき、あるいは家庭をつくったとき、どうなっているのか。話し合い、意見を出し合い、教示してあげたことがあるだろうか。

 ま、日本も何とかなるさ、考えるなんてしんどい、と呟くだけなら、子どもの将来を捨てたようなものだ。諦めるのはサルでもできる。いくら現実がシビアであろうと、もはや地獄にまっしぐらと決定しているわけでもないのだ。人間がつくった現実であるからには人間によって変革できる。

 この本の袖には、「生まれたときから借金まみれで、学校に行く金もなくて、仕事についても給料が安くて、結婚もできない、将来の年金も期待できず、それで老親の介護に追われる……」と、日本の子どもたちを取り巻く現実が描かれているが、この現実をつくった責任は大人のあなたにある。子どもたちと一緒に本書を囲み、現実に向き合い、変革の方法を話し合ってもらいたいものだ。

[今号の流儀]

 人間がつくった現実なら人間によって変えられることを教えたい。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る