媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

循環型社会の形成に向けて不用品を発生させないリユース活動を推進――小林泰士(マーケットエンタープライズ社長)

総合リユースで日本一を実現した“4つの強み”

(こばやし・やすし)1981年埼玉県生まれ。2003年東洋大学工学部(現理工学部)を卒業後、ベンチャー企業に入社。04年に起業し、06年東洋大の後輩とマーケットエンタープライズを設立、社長に就任。学生時代から「フリマ好き」で海外で商材の個人買い付けも。15年6月17日 マザーズ上場。

(こばやし・やすし)1981年埼玉県生まれ。2003年東洋大学工学部(現理工学部)を卒業後、ベンチャー企業に入社。04年に起業し、06年東洋大の後輩とマーケットエンタープライズを設立、社長に就任。学生時代から「フリマ好き」で海外で商材の個人買い付けも。15年6月17日 マザーズ上場。

 販売店を持たず、インターネットを通じて買い取り、販売を手掛ける。

 「強みは4つあると思います。ひとつは買い取り専門のバーティカルメディア群があり、26のジャンルで展開しています。月間約2万6千件の買い取り依頼件数をいただいており、書籍と自動車、住宅を除き、総合リユースとしては日本一です。2つ目は、一気通貫のオペレーションシステム。自社で買い取り依頼に対応するコンタクトセンターや、物流拠点のリユースセンターを東京、横浜、埼玉、名古屋、大阪、神戸、福岡の7カ所に設けています」と小林泰士社長は説明する。続けて「3つ目が、ITのシステムをすべて自社開発しており、26のサイトから寄せられる買い取り依頼に宅配・店頭・出張の3つの方法から選べるようになっていて、それを一元管理しています。また査定のための商品データベースを持っており、買い取りの基準などをすぐにお客さまに伝えることができます。さらに商品を多くの方に見ていただくため、自社のサイトはもちろん、多くのマーケットプレイスに同時に出品し、落札されたら在庫が連動して消し込まれる仕組みになっています。4つ目は、商品の安心感です。商品は新品の状態からコンディション別に7つに分けて表示。一定期間なら修理を保証、動作保証、買い戻し保証を組み合わせています」と言う。

 2006年に設立し、初年度から黒字を継続している。在庫回転率は前年度実績で12.8と高く、販売価格の平均単価は2万5千円と、一般リユースが2千~3千円なのに対し、非常に高い。

 「当社が取り扱う商品は多種多様で、特定のジャンルが多いということはありませんが、家電、楽器、ブランド品や、フィギュアや釣り具、カメラなどの趣味し好品といった高額品が多い。国内のEC市場規模は12.8兆円で、リユース市場は書籍と自動車、住宅を除き1・5兆円あり、これらは毎年8%以上伸びています。しかもリユース業界でシェアを5%持っているところがない。リユース市場で中古品売買をしたことがない人が6割に上ります。大きな需要が眠っており、ネット通販を通じてこうした取引未経験者の掘り起こしをしていきたい」

 今後、団塊世代が本格的な相続時期を迎え、新たな商品が市場に出てくることが想定されている。日本ブランドに対する外国人の需要も期待でき、既にマーケットエンタープライズの顧客の10~15%はこうした外国人需要とのことで、今後も高い市場の伸びが見込まれている。

リユースサイトReReはブランド戦略の一環

 小林氏は大学時代から起業の志を抱き、数多くのアルバイトを経験。ベンチャー企業へ就職し、ソリューション営業をするも起業への思いが募り、使い捨てカメラのフラッシュ用電池を使い切らないまま廃棄していることに着目し04年起業。その後、使い捨てカメラ市場の縮小が見えてきたこともあり、スーパーや住宅展示場の依頼を受けて、フリーマーケット(フリマ)の運営を請け負う事業も始めた。36都道府県で820回開催し、日本一フリマを開催した事業者となった。その過程で、高額品や大型商品などフリマには持ち込めない商材があることに気付く。多くの商品が家庭に退蔵されており、企業にも型番違いや不良在庫などが眠っていることを知った。これらをインターネットによって売買の仲介をしたら面白いのではないかと思い、現在の事業を立ち上げた。

 15年9月から新たなリユースサイト「ReRe(リリ)」の運営を始めた。仕入れ・販売を一括で行うサイトで、従来の販路と比べて独自のサービスを設定することが可能だ。

 「大切な人にリユース品はプレゼントできないという人は多いと思います。でも『ReRe』の名称で販売されている中古品ならば安心だという信頼感を生み出したい。品質保証も付いており、梱包材もプレゼント包装で配送します。リユース品をプレゼントしても恥ずかしくないようにするブランド戦略です」

 循環型社会の形成に向けて、まずは不要品を発生させないリユース活動が大事だと小林氏は力説する。個人や企業から、価値ある商品を一括してコンシェルジェのように買い取る「プライベートバイヤー」というサービスも構想中という。リユース市場のさらなる進化を模索する小林氏だ。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る