媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

就職活動 学生の志向に地域性は!?

就職活動 学生の志向に地域性は!?

 ローカル本や、地域性に着目したバラエティ、県民性による性格判断等々を楽しむ方も多いかと思うが、日本狭しと言えど、地勢や自然環境は多様であり、それぞれの歴史やそこから生じた風習・生活様式、さらには現在盛んな産業などから、考え方や気質も異なっている。たとえば、文理選択を迷う高校生に対し、工業が盛んな東海地方では『理系』を、近代日本の転換期に多くの政治家・経済人を輩出した九州地方では『文系』を薦めるという話など、教育に関する志向・方針にも、地域間による差異があるようだ。では、「企業」「就職」に関する志向はどうだろう?
 直近数年では、景況感・求人倍率の上昇により就活生の「大手志向」「安定志向」は高まっているが、地域別の志向はどうだろうか。全国7地域に分けて、傾向を探ってみよう。[提供:経営プロ]

 

「大手志向」は大都市で高い

 

 17年度卒では、67.3%が「絶対/できれば大手に行きたい」と回答している。 地域別に見ると、大手志向が最も高いのは「関西」(75.0%)、次に「関東」(68.1%)となっており、大手企業の本社が多く存在する大都市を抱える地域では大手志向が特に高い傾向となった。

 一方、最も回答が少なかった中国/四国(37.5%)であり、「関西」の半分の回答率である。 各地域における企業の存在が影響した結果であると考えられる。

 

HR1

 では、「安定志向」についてはどうだろう。
 「『会社の魅力』で最も重視するものは何か」と質問をしたところ、全体で最も回答を集めた項目は「安定している」(39.7%)、次に「経営者・ビジョンに共感」(28.8%)と続いている。

 

HR2

 

全体回答上位2項目についての各地域の回答比率は下記である。

■安定している(全体: 39.7%)
1位:中国/四国 :50.0%
2位:東海    :49.0%
3位:近畿    :45.7%
4位:関東    :38.0%
5位:北海道/東北:35.4%
6位:九州/沖縄 :30.6%
7位:信越/北陸 :28.6%

■経営者・ビジョンに共感(全体:28.8%)
1位:信越/北陸 :33.3%
2位:関東    :31.2%
3位:近畿    :31.0%
4位:北海道/東北:25.0%
5位:九州/沖縄 :20.4%
6位:東海    :19.6%
7位:中国/四国 :8.3%

 

 「安定している」の回答率が高いのは、「中国/四国」「東海」であり、全体回答より、1割程度、回答率の低い「九州/沖縄」「信越/北陸」と2割程度の乖離がある。一般的に「安定志向」といわれるが、地域ごとの特徴はあることが分かった。 また、「安定志向」が高い地域では、「経営者・ビジョンに共感」の回答率が低いのも特徴である。 「新卒一括採用」といえど、自社の採用戦略を練る際には、活動地域の地域性への考慮も必要な要因かもしれない。

【調査概要】
調査主体:みんなの就職活動日記(楽天株式会社)
調査企画:HR総研(ProFuture株式会社)
調査対象:2016年卒業予定の大学生・大学院生
調査方法:WEBアンケート
調査期間:2014年11月20日~11月26日
有効回答:839名(文系562名、理系277名)

keieipro_logo_R

 

 

 

 

あわせて読みたい

「社外営業部長」ってなんだ?
採用にコストをかけよう!
人工知能の上位に立つ高度人材と5つのアプローチ
来年の新卒採用選考解禁日は6月になるのか
アルバイト採用とドラッカー Vol.3 (HRソリューションズ株式会社)

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る