媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

MRJ初飛行でがぜん盛り上がる「日の丸」旅客機への期待

20151006_Z_096_MRJ_FTA MRJ(三菱リージョナルジェット)が2015年11月11日、初飛行に成功したYS-11の製造終了から40年を経て、。国産のジェット旅客機の再誕生がいよいよ間近に迫っていると言えそうだ。航空路線をMRJが飛び交う未来が実現すれば、日本航空史にも残る大きな一歩になるだろう。

 三菱重工の子会社でもある三菱航空機では、今後も国内でテストを行い、2016年第2四半期から米国ワシントン州モーゼスレイク市のグラント・カウンティ国際空港を拠点に飛行試験を実施する予定だ。また、2017年第2四半期の初号機納入を同社では目指していることが公表されている。

 MRJのライバルとなるのは、ブラジルのエンブラエル、カナダのボンバルディアの老舗2メーカーと、新規参入組のロシアのスホーイ、中国商用飛機有限公司などだ。ジェット旅客機では世界2大メーカーである米国のボーイングと欧州のエアバスは、小型ジェット旅客機市場に参入しておらず、MRJにも競争に 打ち勝つチャンスは十分にある。[提供:ZUU online]

MRJ初飛行でがぜん盛り上がる「日の丸」航空機産業

 予測からも、リージョナルジェット市場は有望だとみられている。日本航空機開発協会は、今後20年間で世界の航空旅客需要が約3倍まで拡大すると予測している。
 
 特に、三菱航空機がMRJで参入する70~90席クラスの旅客機は、全世界で5000機以上の新規需要が発生すると見込まれており、有望な市場と見込まれる。さらには、裾野の広い航空機産業の各社が恩恵を受けるとの予想も働く。

 その根拠も今では広く知られている。例えば、ボーイング社の最新旅客機である「ボーイング787」の部材の35%は日系企業が提供。三菱重工が主翼を、川崎重工 は前方胴体・主翼固定後縁・主脚格納庫を、さらに富士重工は中央翼・主脚格納庫の組み立てと、中央翼との結合を受注している。また、エンジンには、三菱重工、川崎重工、IHI が参画しているほか、機体に使用する炭素繊維複合材料を提供しているのは東レだ。

 ボーイングが787の引き渡しを開始した2011年は3機納入したのみだが、その後徐々に増加し2015年は11月までに126機を納めている。受注残は2015年10月時点で788機あり、今後も日本企業の部材出荷の着実な増加が見込まれ、このまま順調に生産が進めば継続的な需要が見込まれる。

航空機産業の50%が中部地方に集中

 日本航空宇宙工業会によると日本の航空機産業の総生産額は、2016年3月期で1兆6704億円に達する見込みだ。2012年3月期の1兆222億円から僅か5年で1.6倍増加することになる。こうした急成長を支えているのが中部地方の工場だ。中部経済産業局によれば航空機産業の生産額の50%を中部地方が占めているという。
 
 愛知、岐阜、三重、静岡県内には、名古屋空港に本拠地を置く三菱航空機を始め、三菱重工、川崎重工、富士重工、東レ、ナブテスコ、シンフォニアテクノロジー、小糸製作所など多数の航空機関連工場がある。

 ほかにも、ホンダが小型旅客機事業を立ち上げているほか、部材メーカーとしても、三菱航空機の親会社である三菱重工、川崎重工、旧中島飛行機の流れをくむ富士重工がジェット機の主要部材サプライヤーとなっている。

 ほかにも、エンジン、管制システム等を販売しているIHI、機体制御システムを製造するナブテスコ、電源システム、エンジン補機等を手掛けるシンフォニアテクノロジー、照明機器の小糸製作所、航空機器、内装品、整備のジャムコ <7408>など多数の企業がサプライヤーとして活動している。

 政府もこれらの企業を支援する目的で2011年12月に国際戦略総合特区として愛知、岐阜地域を「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」に指定。研究開発から設計、製造、保守管理までの一貫体制を構築し、米国シアトル(ボーイング)、仏国トゥールーズ(エアバス)と並ぶ航空宇宙産業の主要拠点作りを目指しており今後、具体的な成果に結び付けられるかが問われそうだ。

zuu_logo_header190x60

 

 

 

【関連記事】
・初飛行目指すMRJは東海経済を押し上げられるか?
・投資家必見!IPO当選確率を上げる5つの方法
・日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
・社会人注目!日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!その意外な方法とは
・なぜ今「投資漫画」なのか。『インベスターZ』著者が語る「お金」とは?

 

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る