媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

話題賞 糸井重里 ほぼ日社長

第43回経済界大賞

 2017年3月16日、株式会社ほぼ日がジャスダックに上場した。社長は広告業界のレジェンド、糸井重里氏だ。ほぼ日は糸井氏のマネジメントを行う東京糸井重里事務所が源流だ。それが上場するまでになったのは、20年前(1998年6月)に始めた「ほぼ日刊イトイ新聞」がきっかけだった。

話題賞 糸井重里 ほぼ日社長

話題賞
糸井重里 ほぼ日社長

 「創刊したのはみんなが集まる『場』をつくろうと思ったため」と糸井氏は振り返る。最初は糸井氏と読者の交流の場だったが、やがてTシャツなどの物販を始めるようになる。その中から生まれ、ほぼ日最大のヒット商品にして現在でも売り上げの7割を占めているのが「ほぼ日手帳」だ。

 「アイデア会議の場である社員が『生徒手帳』が欲しいと言った。同じ手帳を使うことでアイデンティティを共有できる。聞いた瞬間、これだと。そしてどうせ作るなら、誰もが欲しくなるお洒落な手帳を作ろうと思いました」と糸井氏。

 ほぼ日手帳の特徴は、半完成品であること。買った人が好きなように書き込んで、1年後に完成品となるという考えだ。そして購入者は、自分なりの使い方を他の人に自慢する。つまり手帳を介したコミュニティが出来上がっている。

 ほぼ日手帳だけでなく、ほぼ日が販売する商品に共通するのは、すべて自分たちが使いたいと思ったものばかりということだ。自分たちが欲しいモノから発想し、自分たちが満足するために企画をブラッシュアップさせていく。最近のヒット商品の多くは、綿密なマーケティングを行い、消費者ニーズがどこにあるのかを調べ、それに合致した商品を開発することで生まれている。ほぼ日の商品開発はその対極にある。その点において、ソニー創業者・井深大の個人的欲求から生まれた「ウォークマン」や、スティーブ・ジョブズの使いたい携帯が具現化した「iPhone」と同類と言えるだろう。

 これは商品だけでなくイベントなどにも共通する。「それを徹底することによって、『ほぼ日がやることなら面白いはず』と思ってもらえる商品やイベントを提供し続ける。これが当社の最大の差別化です」(糸井氏)。

 

経済界大賞 関連の記事一覧はこちら

 

経済界ウェブトップへ戻る