媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

名参謀・瀬島龍三の 「逆境に打ち勝つための哲学」とは

戦時中は大本営作戦参謀として活躍、戦後は伊藤忠商事の会長、中曽根康弘内閣の顧問も務めて「昭和の参謀」と呼ばれた瀬島龍三氏。戦後はシベリアに11年もの間抑留、強制労働に従事させられるなど、筆舌に尽くしがたい苦難を乗り越えて復活した人物である。人生において、これ以上ない逆境を経験してきた名経営者は、経営者としての難局にどう対峙していったのか。その哲学を紹介する。(『経済界』1982年11月23日号収録 聞き手:佐藤正忠・経済界主幹)*社名、肩書はすべて当時

瀬島龍三氏プロフィール

(せじま・りゅうぞう)1911年生まれ。日本の陸軍軍人、実業家。陸士44期次席・陸大51期首席。太平洋戦争のほとんどの期間を参謀本部部員(作戦課)として務めた。最終階級は中佐。戦後は伊藤忠商事会長、中曽根康弘元首相の顧問など多くの要職に就任し、政治経済界に大きな影響力を持ち、「昭和の参謀」と呼ばれた。2007年没。

瀬島龍三氏が説く「難局に直面した時の心構え

佐藤 いま、日本経済全体が不況に突入して、経営者は本当に苦しい時を迎えていますが、難局に直面した時の心構え、指揮官のあり方はどうあるべきだ、と思いますか。

瀬島 まず、大事な心構えが3つぐらいあると思います。1つは、以前のような景気が回復するだろうという腰の甘い経営をやめることです。2つ目は、あらゆる面で足元をきちっと固めておくこと。3つ目は、時代の変化を先見して、毎日の問題、例えば、商品や技術の開発を常にやっておくことだと思います。

佐藤 つまり、景気がいつか良くなるという“夢よもう一度”という考えを捨てろ、ということですね。

瀬島 そうです。日本経済は、世界経済とは別個のものではありえないからです。世界経済の流れをみると、よくわかります。第一次オイルショック前までは、日本経済も世界経済も10%以上の高度成長だった。

 ところが、第一次オイルショックがあって、日本を除く世界経済はすぐ2〜3%ぐらいの低成長に入ってしまった。一方、日本は“中二階”があったんです。まず、5〜6%という“中二階”に下がって、それから2年ほど前から2〜3%にダウンしていった。つまり、日本はワンクッション置いて、低成長時代に突入したわけです。

佐藤 なぜ、日本だけが“中二階”という二段階あったのですか。

瀬島 いろいろな見方がありますが、私は二点がその要点だったと思います。その一つは、輸出が非常に伸びたということです。

 とくに、自動車。オイルショック前までは百六十万台から二百万台前後と低迷していたが、オイルショック後、急速に伸び、今や六百万台に伸びています。もう一つは、国の財政、言い換えれば、借金によって景気を支えてきたということです。ところが世界全体が不景気になり、輸出が鈍化してきて、日本も不況になった。3年ほど前からからです。

 それから、国の財政が窮乏してきて、財政によって景気を支える力がなくなってきた。ということは、5〜6%の中成長を維持していく要因が二つとも、くずれてきたということです。そこで、日本経済も2年ほど前から2〜3%の低成長に入っていったわけです。

佐藤 これから再び上向くような要因はないんですか。

瀬島 再び上向くには、何がいるか、というと、アメリカの景気と産油国の動向がどうなるか、ということだと思います。世界全体のGNPの三割を占めるアメリカの景気が今年末から来年にかけて、上向くだろうという見通しは、まずないと思います。

 また、産油国はどうか、というと、油の需要が減って、お金持ちではなくなりつつあるわけです。この二つを除いて、他に何かあるだろうかと見渡しても、残念ながら上向く要因は見当たりません。

 ということは、日本もこれからずっと、低成長が続くと思います。ただし、ここに一つの問題があって、エレクトロニクスとかロボットとか、人間社会の変化に対応していく産業はこれからも伸びていくだろうと思います。

 つまり、以上のようなことから考えて、1〜2年我慢していれば良くなるだろうという甘い考えは捨てて、寒い冬の海にズボっと入るという情勢の認識をすることが必要ですね。

瀬島龍三・伊藤忠商事元会長
「夢よ、もう一度」という考えは捨てよと語る瀬島龍三氏(左)

極寒シベリアで体験したこと

佐藤 国民全体の期待を担って、行革と取り組んでおられる臨調会長の土光敏夫(※東芝元会長)さんの立派な姿をみていますと、このジイさんを支えているものは何か、と興味を覚えるんです。

 そこで、私なりに分析してみますと、土光敏夫という男を支えているのは、法華経への信仰だと思うんです。経営者が難局に直面したとき、こうした信仰をもつかもたないか、で決まるものではないか。そんな気がしてならないんです。

瀬島 私は、宗教というものは客観的に存在するのではなく、自分の心の中にあると思っています。難局に直面したとき、一番大事なことは、自分の心を統一させて、自分自身が迷わないことが大切です。

 それを宗教に求めるのか、他の方法を求めるのか、は個人の考え方や育ってきた環境によって異なると思います。しかし、所詮、人間というものは弱い動物だから、世界の歴史をみると、宗教に求めたといえますね。

佐藤 瀬島さんが極寒のシベリアで戦犯として獄中にあったとき、心の支えとなったのはものは何ですか。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について