媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「不況下の経営者はどうあるべきか」対談:松下幸之助(松下電器産業相談役)×伊藤淳二(鐘紡社長)

ついに夢の対談が実現した。“経営の神様”松下幸之助・松下電器産業相談役と、当代随一の若手理論家、伊藤淳二・鐘紡社長が、古くからの“師弟”のように意気投合。堂々二時間にわたって熱気あふれる“心”の対談が嵐のように過ぎ去っていった。そこで本誌では、初顔合わせの対談内容を公開することにした。(『経済界』1983年7月10日号収録)*社名、肩書はすべて当時

松下幸之助氏と伊藤淳二氏
対談に臨んだ松下幸之助氏(左)と伊藤淳二氏

50歳で本当の勝負が決まる

―― 今日は、「不況下の経営者はいかにあるべきか」のテーマで1つお話し合いをしていただきたいと思います。まず、伊藤社長からどうぞ。

伊藤 3年前にちょうど飛行場で、松下相談役にお目にかかった時に、「こりゃえらいことになった。これからは耐え忍ぶしかない」ということをおっしゃったことがございました。事実あれからずっと不況が続いており、深刻な事態が今日まで続いております。それが本物なのかどうか、相談役にぜひお教えいただきたいと思いますが。

松下 伊藤さんは社長に45歳のときになられたでしょう。天下の鐘紡いうたら、僕らの青年時代でも繊維産業のナンバーワンやった。武藤山治さんから津田信吾さんに代わって、われわれもその時分中小企業やから、富士山みたいなもんやな(笑)。

 その会社の社長に伊藤さんが若くしてなられたということ自体が、非常に財界をアッと言わせた。だから当時、伊藤さんがうまくやるかどうかということは、注目の的やった。

伊藤 あの時ちょうど松下さんと、ある銀行の会合の夕食にご招待を受けて一緒になりました。その帰りに私のところにわざわざ寄られ、手を握っていただき、「これから大変やろうけども、あんたが上手くいくかいかないかが、日本の経済界の若返りができるかどうかの瀬戸際でっせ。しっかりやりなはれ」と言われたのが、心の支えになりました。

松下 あの時、あなたが非常に若くって、しかも先輩がたくさんあって、僕自身もそういう例が少ないから非常に関心を持ったわけですよ。だから、あなたが上手くやったら、それはいろんな点で好影響を与えるということで、僕自身非常に興味を持ったわけですよ。

伊藤 あれからもう8年になります。特にこの3年間の不況はいつの間にか過ぎまして….。

松下 そうですか。しかし、見事にそれをやりなはって、先輩が沢山いるのに上手くやっていかれたということは、なかなかできんことやという感じがして、今でも尊敬してますねんや。

伊藤 恐縮します。

松下 先輩がいれば、上の人がいっぱいおるわけやから、人事問題が非常にややこしいでしょう。人事問題が上手く行きゃ上手くいくけどね。先輩でもなかなか後輩に言うことをきかすことできへんのに、後輩が先輩を使うんやから、よくやりなはったと思います。

伊藤 まだまだ道遠しです。十分なことは出来ていません。

松下 そこへまた、石油ショックがおきて突如として不景気が襲ってきたから、これまた大変だったろうと思うな。それを上手くやられたし、ことに労働組合の問題ね。あれも天下が注目したもんな。

 それで労働組合としては、かつてないような争議を進められて、いいか悪いかということについてはいろんな議論がありますが、そやけどあんたとしては初心をずっと貫いた。ということは、僕は幾多の教訓を成すものであると思います。

伊藤 ちょうどオイルショックが48年にございましたね。あの次の年の49年があけた時、やっぱり飛行機の中で、しばらくぶりにお目にかかった時に、「あんた、今いくつになりなはったか」と松下さんに聞かれました。ちょうどあの時50になったばかりでした。「自分が終戦を迎えた時が50でしたな。それから今日まで30年、50になってからが本当の勝負だった」ということをおっしゃいましたね。あの一言は本当に心にずっしり響きました。

松下 あんた、よう覚えてはりまんな(笑)。若いだけあって頭が….。

伊藤淳二と松下幸之助
松下幸之助氏(右)の言葉がズシンと響いたという伊藤淳二氏

不況を乗り越えた秘密

―― 松下相談役は創業して50年になられるわけですけれども、その中で今回の不況を含めて何べんか大変なことがおありだったと思うんですけど….。

松下 不況も大抵5年に一ぺんは巡ってきますわ。しかし、大きな不況というのはそうありませんわな。大きな不況は大正の初め、台湾銀行とかああいうとこが潰れたことありましょう? 銀行が皆倒れたですよ。僕が預けてる銀行は十五銀行だった。それも潰れたでしょう。メインバンクやったんです。そういう時に弱りましたな。

伊藤 あれは昭和に入ってからでございましょう?

松下 昭和の2年かね。その時は相当大きくて、鐘紡も津田信吾さんがやってた時分に争議があったんですよ。

伊藤 あの時は昭和5年で賃金を4割ぐらい切り下げまして、大争議が起こりましてね。この間、西尾末広(※日本の労働運動家・政治家。 副総理、官房長官、衆議院議員、民社党初代委員長などを歴任)さんにお会いしましたら、あの争議のリーダーのお一人だったと言われました。

松下 政府が官吏の賃金を1割程度下げた時です。それで乗用車全部売ってしまったと。緊縮で。浜口(雄幸)内閣の時でしたかな。

伊藤 あの時はまだ創業の当初でございましょう? その時にそこを克服されました秘訣は何でございましたか。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について