媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「モバイル再編」

2013年10大ニュース其の3

ソフトバンクは世界戦略を本格展開 日本の携帯機器メーカーは淘汰

 2013年の携帯電話業界のビッグニュースは、ソフトバンクの米スプリント・ネクステル買収とNTTドコモのiPhone販売だろう。iPhoneを武器に成長したソフトバンクは世界進出を果たした。一方、ドコモはiPhoneを手に入れるまでの迷走が目立ち、日本の携帯機器メーカーの再編を促すことになった。

 

ソフトバンクが日本を飛び越え世界へ

「10年以内にNTTドコモを抜く」

 ソフトバンクの孫正義社長は2006年にボーダフォンジャパンを買収した時にこう宣言した。13年はそれが現実になった年だった。

 年度初めの段階で、13年度の営業利益が初めて1兆円の大台を超え、ドコモが見込んでいる8400億円を上回ることを示唆。13年度上期決算では、売上高、営業利益、純利益のすべての数値で初めてドコモを上回った。上期の決算会見において、「ついに一番になった」と孫社長は感慨深げに語った。

 ソフトバンクモバイル(SBM)の快進撃を支えたのは、言うまでもなく、08年から販売を開始した米アップルのスマートフォン「iPhone」だ。対するauは12年秋発売の「iPhone5」から、ドコモは13年秋発売の「iPhone5s」および「iPhone5c」から、iPhoneの販売を開始。発売前にはそれぞれ、SBMから他社への顧客流出が懸念されたが、結果的には、想定されたほどの顧客流出は見られず、SBMのiPhone独り勝ちの構図は変わっていない。

「iPhoneのオペレーションは容易ではなく、われわれにはiPhoneを5年間扱ってきた実績がある」とSBM副社長兼COOの宮内謙氏が語るように、これまでのノウハウが強みとなっているようだ。

 各キャリアが揃ってiPhoneを扱うようになり、今後はネットワークの品質が鍵となる。具体的にはiPhone5から対応している高速通信規格LTEへの取り組みが今後のシェアを左右すると思われる。LTEのつながりやすさということでは、現時点のプラチナバンドでLTEを展開するauが有利とされているが、SBMも来年4月からプラチナバンドを含む3つの周波数による「トリプルLTE」で対抗する予定で、当面は大きなシェアの変動はない模様だ。

 ソフトバンクとしては「国内No.1は通過点」と位置付けている。「No.1」を達成したもう1つの要因が、米通信会社スプリント・ネクステル社の買収だ。今回の買収により世界3位規模となった。7月に買収手続きを完了し、9月には米国シリコンバレーにオフィスを開設。世界戦略を本格的に開始した。

 米国市場は、スマートフォンおよびLTEが主流になるという点で日本市場との類似性が高いため、基本的には日本で培ったノウハウを米国でも導入する方針。「モバイルインターネット世界No.1」の目標を掲げ、当面は米市場首位のベライゾン・ワイヤレスと同2位のAT&Tを追撃する構えだ。

ドコモの迷走が日本の携帯機器メーカーに引導

 ソフトバンクの事業拡大の一方で、日本の携帯機器メーカーにとっては、ドコモに振り回された1年となった。

 iPhoneを提供するアップルはキャリアに販売ノルマを課しており、SBMやauはどうしてもiPhoneの販売に注力せざるをえない。このため、日本の携帯機器メーカーにとっては、iPhoneを扱っていなかったドコモこそファーストプライオリティーのキャリアであり、フラッグシップモデルをドコモに優先的に提供してきた。

 例えば、シャープは独自の液晶技術「IGZO」搭載スマートフォン「AQUOS PHONE ZETA」を12年末にドコモ向けに販売。また、ソニーは平井一夫社長の改革「One Sony」の象徴的な製品である「Xperia Z」の日本モデルを13年2月にドコモ向けに販売した。

 AQUOS PHONE ZETA、Xperia Zともにシャープとソニーの携帯電話事業の牽引役となり、それぞれのシェア回復に寄与したが、ドコモの業績を回復させるまでには至らなかった。

 そこでドコモが13年夏モデル販売で打ち出したのが、「ツートップ戦略」。これまでの総花的な販売展開を見直し、大幅な割引サービスを特定機種にのみ適用することで、1点突破を図ろうとした。このツートップに選ばれたのは、ソニーの「Xperia A」と韓国サムスン電子の「GALAXY S4」で、ツートップから漏れたメーカーはさらに苦戦を強いられた。結果的に、このツートップから漏れたことが引導を渡す形となり、NECとパナソニックは個人向けスマートフォン事業から撤退を決めた。

 ツートップ戦略では、サムスンのGALAXY S4の売り上げが想定したほど伸びなかったこともあり、13年冬〜14年春モデルでは早くもツートップ戦略を撤回。サムスンを外し、ソニー、シャープ、富士通の製品を「スリートップ」として注力することとなった。スリートップ戦略を進める一方で、ドコモはiPhone5s/cの販売を発表、9月に販売を開始した。ドコモにとっては、SBMやauへの対抗上、iPhoneの販売は数年来の懸案事項だったが、日本の携帯電話メーカーにとっては梯子を外された格好となった。

 10月になって、ドコモはソニーの「Xperia Z1」、シャープの「AQUOS PHONE ZETA」、富士通の「ARROWS NX」の3機種を「おすすめ機種」として販売したが、iPhone5s/c発売の後だけに、ドコモの迷走感は否めない。

 ソニーのXperiaシリーズはグローバルモデルであり、海外のキャリアにも採用されているが、シャープのAQUOS PHONEシリーズ、富士通のARROWSシリーズは日本市場向けのローカルモデル。最大のキャリアであったドコモの迷走を考えると、ローカルモデルだけの展開は厳しい。14年は日本の携帯機器メーカーの淘汰・再編がさらに進むだろう。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る