媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

名古屋から世界へ。「引越し侍」「すぐ婚navi」「ナビクル」ライフスタイルサポート事業ー-エイチーム社長・林 高生

エイチーム社長・林 高生氏

エンターテインメント事業とライフスタイルサポート事業が柱

 —— 現在の主力サービスは。

 林 エンターテインメント系のアプリケーション事業、それとライフスタイルサポート事業の2本柱になります。

 もともとは私の個人事業としてビジネスを始めたのですが、最初は、いわゆる受託事業、プログラム開発を受託しているだけでした。仕事はあったのですが、むちゃくちゃな納期、発注の仕方さえまともではなくて、報酬も安い。今思えば酷い時期でした。これで社員も私も疲れきってしまい、もう止めようと思ったくらいです。そんなとき、経営コンサルタントの神田昌典さんの著書のなかに「どんなふうになりたいかは誰しも、よく分からない。でも、何が嫌かははっきりしている」という言葉があったのです。そこで、私自身、何が嫌かを書き出しました。そのなかでハッキリしたのが「下請は嫌」ということ。そこで、自社の製品、サービスを作らなければダメだと気が付きました。

 —— 競合も多かったと思いますが。

 林 当時の携帯電話は機能がまだ低く、ゲームも容量が小さく、小規模の開発でも対応できたという側面もあります。最初に出したゲームからヒットしたのですが、これは当時の携帯ゲームにはなかったクオリティのものを出したという点が大きいと思います。まだパケホーダイもなかった時代なので、当時ゲームをされていた方はパケット代が大変だったかもしれません。

 シナリオと絵を変えれば、別のゲームになるという汎用性が高いシステムにしたこともポイントです。おかげで立て続けに6作ものゲームをリリースできました。その後、待ち受け画像サイト、着うたサイトなども展開しましたが、これも汎用性が高いシステムで水平展開し、一気に売り上げが伸びました。

 —— 現在はマーケットがスマートフォン中心に変わり、人的リソースの確保など、大変ではないでしょうか。

  正直、その点での苦労は感じていません。当社はガラケー時代からゲームアプリの開発をしてきており、新たにスマホで参入する会社に比べて、経験値があるからです。

 —— 新たな事業として、ライフスタイルサポート事業がありますが。

 林 事業をスタートした頃は、ガラケーのアプリ全盛期でしたが、「このビジネスは長く続かない」と感じていました。そこで第2の柱を作ろうと考えたのがきっかけです。流行り廃りのないビジネス、しかもPCをベースとして生活に密着したものを作ろうと思いました。

 —— 引っ越し比較サイトの「引越し侍」ですが、引っ越し希望日や荷物などの条件を入力すると、引っ越し業者の見積り価格が並んでいて、比較ができます。類似サイトとの違いは。

  このサイトは各業者からの手数料をいただき、顧客情報をお送りしています。お客様から1回の見積依頼で10社を紹介するので、1案件で数千円の売り上げになります。

 このようなビジネスモデルに大きな違いはありませんが、重要なのは、契約している引越業者の数です。最初は20社しか契約できていなかったのですが、今では200社以上の業者と契約しています。また、引っ越し業者との連携も強化し、共に業界を盛り上げていく姿勢を強くもっています。エンターテインメント事業で得た利益をこちらに投資し続けて、3年目でようやく単年黒字の事業になりました。お陰様で、今、日本中の引っ越しのうち1割は当社のサイト経由の契約で動いています。

 —— 他のライフスタイルサポート事業は。

  中古車買取価格を比較する「ナビクル」、中古車販売サイト「なびくる+」、結婚式場情報サービス「すぐ婚navi」などがあります。これらも「引越し侍」のモデルを水平展開したものです。今、売り上げの約4割がこのライフスタイルサポート事業が占めています。

 —— 2012年に東証マザーズ上場、同年に最短記録で東証一部上場を果たしました。

  その効果として一番大きいのは、社員に自信が付いたことです。対外的な信用なども大きいのですが、やはり社員の意識が大きく変わりました。同時期に世界的なヒットゲームもリリースでき、「やればできる」ことが証明できたと思います。

様々なライフサポート事業を展開するエイチーム、東京進出はいかに

 —— 東京進出の予定は?

  今は考えていません。まず名古屋で働きたいという人が一定数以上いますし、名古屋には当社のような会社が他にないので、自然と人材が集まってきます。採用面でものすごく有利なのです。

 今、社内の合言葉は「名古屋から世界へ」です。スマホが登場し、これが世界共通のプラットフォームであることが大きい。ガラケーは日本でしか通用しませんが、スマホなら世界共通です。PCよりスマホの数の方が多くなると東京にこだわる必要はなくて、名古屋から世界に挑戦できるのです。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る