媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「海外引っ越しで年間9千件の実績をもつ地場最大の倉庫会社」--福岡倉庫社長・富永太郎

福岡倉庫社長・富永太郎氏

昨年、創立65周年を迎えた福岡倉庫は、地域最大規模の倉庫会社である。業務は主力の倉庫業やトラック輸送のほか、珍しいサービスとして海外引っ越しを戦後直後から手掛けており、年間で9千件を取り扱い、2カ国に4拠点を持っている。景気に左右されがちな業界であるが、その現状と将来展望を聞いた。

福岡倉庫・富永太郎氏は語る 海外引っ越しその現状と将来展望

 —— 事業内容と特色は。

 富永 年間の売上高は前年度98億円で、内訳では倉庫業と海外引っ越しがそれぞれ25%で、トラック輸送が50%の割合です。県内に7カ所の営業倉庫があり、地場では最大。主に九州、沖縄、中国地方における物流拠点となっています。海外引っ越しは戦後、在日米軍から仕事を委託されたことをきっかけに始めたもので、年々取扱件数も増えています。長距離のトラック輸送については自社で車両を保有せず、運送会社との提携で1日250台程度のトラックで幹線輸送の仕事をしています。

 —— 海外引っ越しとは珍しいですが、どのような経緯で始めたのですか。

 富永 創業者(故・富永シズ氏)が設立したグループ会社の1つである福岡運輸は戦後、在日米軍からいろいろな仕事を委託され、その1つが日本初の冷凍車の製造であり、海外引っ越し業務だったのです。以来、海外引っ越しが大きな業務になっており、現在は中国に3つ、ベトナムに1つの計4つの拠点があります。この業務は他社が簡単には真似できないノウハウがあり、かつマーケットとして大きな成長が期待できます。

 —— 倉庫業は、景気動向に業績が大きく左右されるのではないですか。

 富永 そうですね、ただし最近よく言われるアベノミクス効果による恩恵はあまり実感できていません。福岡県内の百貨店などでは高額商品の売り上げが伸びているようですが、九州全体として貨物量が特段増えてはいません。景気の回復はありがたいことですが、われわれの業界にとっては、逆に労働者の確保が難しくなったという反作用もあります。加えてトラック業界からは、運賃値上げの強い要請が来ている状況です。

 —— 成熟産業といわれる業界ですが、差別化戦略は。

 富永 われわれ中小企業が生き残るためには、狭い範囲でもいいので、自社でしかできない強みを持つしかありません。当社でいえば地場で最大の倉庫会社である信用力、海外引っ越し60年の経験と年間9千件の取り扱い実績は強みです。自社のサービスには自信がありますが、それを取引先に理解してもらうのは難しい。そこで品質管理システム規格の「ISO9001」、「ISO14001」や「プライバシーマーク」を取得したり、7人のシステムエンジニアを抱えて物流システムを強化していることなどを強調しています。

 —— 今後の経営目標は。

 富永 社員やその家族が幸福になることが1番で、同時にそれが自分自身の幸福にもつながると思っています。創業者の経営理念は「社会の役に立つ」というものですが、私はこの理念を守りつつ、当社を未来永劫継続させていくことを大きな目標としています。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る