媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「市販用で高付加価値商品を投入し、業務用では小ロットのPB商品を拡充していきます」--八洋食品社長・川添修三

八洋食品社長・川添修三氏

餃子、麺類を中心とした食品メーカーとして50年以上の歴史がある。市販用から徐々に業務用に転換を図り、現在では両者の売上比率はほぼ半分になった。他社が真似できない工場のオートメーション化に取り組み、OEM部門は好調。一方の市販用も3月に新アイテムを投入するなど、さらなる成長に向けて動きだした。

業務用の餃子を成長させた川添社長

 —— 現在の主力商品は。

 川添 市販用では「七味八珍」が年間4億円、「博多発ラーメン屋さんの餃子」が8億5千万円の売り上げで、この2品が本社工場の売り上げの半分を占めています。4月からの消費増税で、既存商品の販売量が減る心配があるので、3月1日に「プレミアム肉餃子」「超うす皮餃子」「彩野菜の水餃子」という3つの新商品を出しました。それぞれ、従来の商品よりも1割程度高いのですが、滑り出しは好調です。以前は安くなければ売れないという風潮でしたが、今は質に見合った価格であれば、喜んで買っていただけます。

 —— 競争が厳しい業界ですが、御社の強みは。

 川添 量販店向け商品のほかに、多品種小ロットのPBも多数やっております。多品種少量生産は在庫管理が難しく、メーカーは普通やりたがりませんが、当社では関東工場(群馬県)だけでもPBは350アイテム以上もあります。チルドの賞味期限は半年しかないので適正在庫で回すのはとても難しいのですが、当社には20年以上のノウハウがあります。

 —— 創業以来、50年以上の歴史がありますね。

 川添 当初は「市販用」又は「チルド商品」の餃子製造会社でしたが、途中から業務用の餃子に転換して大きく伸びました。私自身は日本水産で10年間、営業の仕事をして15年前に父の後を継ぐ形で入社しました。当時の業務用の販売先は主にラーメン店のみで、スーパー惣菜や弁当、居酒屋など他の外食産業、学校給食などはほとんどありませんでした。

 「市販用」または「チルド商品」は、毎年徐々に売り上げが落ちていたので、業務用を伸ばさないと会社の将来が危うくなると思い、入社してから積極的にスーパーなどに営業をかけ、今では売り上げの半分くらいが業務用になるまでに成長しました。OEMをはじめとする業務用に対応するために工場のオートメーション化に取り組み、他社ではできない多品種少量生産が可能になりました。

 —— 売り上げ目標は。

 川添 グループ会社を加えた売上高は90億円以上です。今後売り上げを増やすには工場の増設、それと関東エリアへの本格的な営業にかかっています。幸いにも九州エリアは安定しているのでここは何としても現状維持し、業務用を中心に関東を攻略したいと思います。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る