媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

森ビル、J・フロント連合が銀座再開発を推進

ニュースレポート

日本橋から銀座にかけての再開発が活況を呈している。次の時代の中心になるのはどの街か。先行する日本橋再生に対し、銀座も松坂屋跡地の再開発プロジェクトが動き始めた。(文=本誌/古賀寛明)

 

進む都心の再開発と銀座の新たなシンボル

 

プロジェクトを主導する左から住友商事・中村社長、森ビル・辻社長、J・フロント・山本社長、L Real Estateのヴォゼック氏

プロジェクトを主導する左から住友商事・中村社長、森ビル・辻社長、J・フロント・山本社長、L Real Estateのヴォゼック氏

 4月2日、東京・銀座の一画で起工式が行われた。その場所は、2013年6月に閉店した松坂屋銀座店の跡地とその周囲。銀座のメーンストリートである中央通りと三原通りの間の2ブロック、約1・4㌶の広大な土地が舞台となる。

 起工式には、松坂屋の属するJ・フロント リテイリングの山本良一社長をはじめ、再開発のコーディネーターである森ビル・辻慎吾社長、運営に参加する住友商事の中村邦晴社長などが顔をそろえた。約758億円の総事業費にふさわしい豪華な起工式になった。

 16年11月に竣工予定のこの建物は地上13階、地下6階、敷地面積は約9080平方㍍の広さを誇る。

 海外高級ブランドをはじめとする商業施設やオフィス、観世流の能楽堂などの文化施設が入り、緊急災害時には避難場所にもなる。起工式に先だった会見でも、森ビルの辻社長は「ハイクオリティーでハイクラスのテナントさんを250から300呼び寄せたい」と、世界に目を向けた新たな銀座のシンボルの誕生に自信をのぞかせた。

 その10日ほど前、銀座駅から3つ先の三越前駅も、大きな賑わいを見せていた。

 三井不動産が主導する日本橋再生計画の第2ステージにあたる室町東地区のコレド室町2とコレド室町3がオープンしたのだ。オフィスや商業施設はもちろんのこと、日本橋初の映画館、TOHOシネマズが入ることで、昼間の街というイメージから脱却し、夜も人の流れを生み出そうとしている。オープン直後の3連休には、多くの人が押し寄せ、日本橋復活を印象付けた。

 20年に開催される東京五輪を追い風に、都心の再開発は、ますます進んでいる。

 銀座や日本橋以外にも、例えば、渋谷では東急グループを核に渋谷ヒカリエが誕生。また、東武、西武沿線とつながったことで人の流れを変えた。今後もJR渋谷駅の再開発などを進める。

 同じく丸の内では、三菱地所を中心に順々にビルの建て替えを行っており、パレスホテルや東京駅周辺のリニューアルも相まって、ビジネス面だけではない東京の玄関にふさわしい街の魅力をつくり出している。

 

銀座再開発における日本橋との違いは?

 

 街が新しく生まれ変わっていく中で、集客力や活気など、街の力関係にも変化が訪れている。

 かつて、街の活力は競争によって醸成された。例えば渋谷におけるセゾンと東急。新宿ではヨドバシカメラなど家電量販店の争いや丸井の攻勢。池袋では西武と東武がしのぎを削ることで街が活性化された歴史がある。

 その後、六本木ヒルズや丸ビル、今年竣工する虎ノ門ヒルズなど、大艦巨砲主義のごとく、シンボルが街を引っ張っていく。森ビル得意の形といえるが、今回の銀座六丁目のプロジェクトもこの流れに沿う。

 外国人観光客数も順調に伸びていることで、三原通り側にバスを乗り付けることができるようにし、館内にも観光案内所を設置、主にアジア圏の富裕層を館内の高級ブランド店に誘導する狙いが見える。大丸松坂屋を再オープンしない理由も、ハイクラス、ハイクオリティー戦略に合致しないからであろう。

 ただ、ハイクラスをターゲットにする場合、景気に左右されるのはもちろん、中国の観光客などは政治的な問題が起こった場合のリスクもある。また、会見を聞く限りでは、高級感は感じるものの銀座らしさは伝わってこない。つまり、土地のシンボルではなく、機能のシンボルと考えたほうが分かりやすいかもしれない。

 一方、日本橋は街を「面」でとらえているようだ。日本橋は江戸時代には街道の起点になるなど、商業の中心地であったが、ご存じのように明治以降、銀座にその座を明け渡してきた。

 近年も、中心であるはずの日本橋三越と高島屋が多少離れていることで連携することもなく、それぞれ「点」で勝負していた。そもそも、シンボルであるはずの日本橋自体が、首都高速の下に隠れていたのでは、致し方のないことだろう。しかし、今の日本橋は連携での再生を図る。

 例えば、新しいコレド室町を歩いてみれば分かるが、日本橋の持つ伝統や和の文化といった特性に沿うような出店が多い。

 鰹節やダシを扱うにんべんや調味料で人気の茅乃舎など、雑貨でも和のテイストや上品で落ち着いた感じの店が並ぶ。また、コレド室町を出ても、街は同じコンセプトを共有する。刃物の木屋や文明堂、山本海苔店など、相乗効果で今までよりも魅力を増したように感じる。大企業と地元の小さな商店の間にさえも垣根は感じられない。

 その中心にあるのが神社だ。福徳神社は平安時代からこの地に鎮座している神様だそうだが、一時はビルの上に追いやられていたそうだ。神社や祭りはコミュニティーに欠かせないものだけに、街に共通のアイデンティティーになっている。

 街という視点で考えれば、日本橋が「らしさ」を存分に出しているのに比べて、銀座はいくらハイクオリティーといえど、高級ブランドが集まるだけの受け身という印象でしかない。

 ただ、まだオープンまで2年以上ある。銀座らしさや魅力が発信されることが期待される。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る