媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

再建の滑り出しは順調 シャープ復活は本物か

髙橋興三氏

シャープは2013年度の決算と中期経営計画の進捗を明らかにした。構造改革から再成長に向かうことを謳った中期計画の初年度としては、着実に回復が見て取れる結果となった。業績の回復を牽引したのは太陽電池と液晶だが、液晶が当面の成長の鍵を握っている。

髙橋興三

髙橋興三・シャープ社長

公表予想値を上回る業績を達成

 シャープの髙橋興三社長の就任1年目となった2013年度の決算はおおむね好業績で終わった。売上高、営業利益、純利益すべてにおいて、当初の公表予想値を上回った。特に利益については、営業利益、純利益ともに前年度から大幅に改善し、黒字転換を果たした。

 売り上げを牽引したのは、太陽電池、液晶、電子デバイスで、対前年比2桁以上の大幅な増収を達成した。太陽電池事業は、国内市場で住宅用、メガソーラーなどの産業用が伸長したほか、海外のディベロッパー事業が好調に推移した。液晶事業は、スマートフォン向けなど中小型液晶が伸長。特に中国のスマホ向け顧客の新規拡大を通じて顧客ベースを拡大し、当初の売り上げ目標を達成している。また、電子デバイスではモバイル機器向けカメラモジュールの販売が堅調に推移したという。

 財務体質の改善も進んでおり、棚卸資産の圧縮は、月商比で1・5カ月から1・21カ月と計画を上回る改善となった。有利子負債の圧縮も計画どおりに進み、12年度末をピークに縮小に転じている。また、営業キャッシュフローは大幅に改善し、13年度は3年ぶりの黒字となった。同社は今年9月に1千億円の社債償還を予定しているが、現預金やキャッシュフローの改善により、手元の資産で完済のめどが立っているという。

 シャープでは昨年、3カ年の中期経営計画を策定。13年度までを構造改革ステージ、14年度からを再成長ステージと位置付けている。再成長に向けた初年度の13年度を振り返り、髙橋社長は、「比較的順調な滑り出しだった」と語る。この勢いを緩めることなく、再成長ステージに向けた取り組みをさらに加速していく構えだが、その一方で次のように引き締める。

 「全体的な数字としては、売り上げ、営業利益、当期純利益などが公表数字に達したが、個々に見ていくといろいろなブレがある。例えばソーラー事業は非常に上振れをしているが、それも決してうまくいった結果ではない。ソーラー事業そのものは今年度の計画でマイナスを想定しているように、事業転換を図っている最中であり、まだ課題が残っていると考えている」

 単年度で良かったから良いとは言い切れない状況にあるという。市場環境の変化を想定し、14年度の業績目標値は中期経営計画に対して、売上高を1800億円増額する一方で、営業利益、当期純利益をそれぞれ100億円減額した。

 髙橋社長は、昨年の就任時に「シャープのけったいな文化を変える」と語った。市場や環境の変化が激しいだけに、変化に即応していける会社の体質にしていかなければいけないと考えている。

 

シャープ復活はやはりまずは液晶で

 シャープの再成長に向けて、当面の牽引役となるのは、やはり液晶だ。スマホやタブレットの市場拡大に伴い、高精細の中小型液晶への需要増大が、13年度の業績にも大きく寄与した。シャープとしては、亀山第2工場における中小型液晶の生産比率を拡大させる方針で、前年度の20%台から14年度上期中には50%以上に引き上げる。

 ただし、かつてのテレビ向け液晶パネルの市場飽和と価格下落が、シャープの低迷を招いたように、高精細の中小型液晶においても同様のリスクが懸念される。

 髙橋社長は、「当社はそのリスクを一番経験し、一番知っている会社だと思っている」と語る。それだけに同じ轍は踏まないように、高精細中小型液晶の展開においてもリスクの回避をする事業展開を進めている。

 その1つが、大口の重点顧客との関係強化により収益を安定化させること。中期経営計画では、13年度は売り上げの半分を9社の重点顧客で占める計画を立てていた。結果的には9社では売り上げの半分に満たなかったものの、中国の新興顧客を開拓し、重点顧客を15社に拡大、計画どおりの営業利益を達成した。14年度はさらに19社まで重点顧客を拡大し、この19社で売り上げの半数を占める計画。これにより、事業の規模拡大と安定を図る。

 また、中国の事業環境も当面は好転する見込みだ。髙橋社長は次のように語る。

 「当初考えていたよりもはるかに早く高精細に動いているという印象を持っている。その意味で、当初懸念していた価格低下は意外と起こってこない」

 いずれ価格低下は起きるだろうが、中小型液晶の数量が出る領域は後工程がネックになっており、当面は生産技術でコスト競争力を維持できるという。

 シャープは中小型液晶の新しいアプリケーションとして、車載機器向けの展開も進めている。しかし自動車向けは製品化されてビジネスに寄与するまでに時間を要する。また、中長期的な成長戦略としてヘルスケア・医療やロボティクスなどの新事業領域の製品開発を進めているが、これらの多くもBtoBの領域で、ビジネスになるまでは数年かかる。

 シャープの再成長は、新規事業の開拓までに高精細中小型液晶でどこまで稼げるかにかかっている。

(文=本誌/村田晋一郎)

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る