媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

3期ぶりの営業黒字も綱渡りのルネサス改革

作田久男氏

経営再建中のルネサス エレクトロニクスの業績が着実に回復している。ここに来て市場環境の好転と構造改革の成果で、2013年度決算で増収増益に転じた。しかし作田久男会長兼CEOはまだ予断を許さない状況にあると見ており、さらなる構造改革を推進する。

作田久男

作田久男・ルネサス エレクトロニクス会長兼CEO

増収増益の好業績の裏で抱えるリスク

 2010年4月の設立以来、減収を続けていたルネサス エレクトロニクスが、13年度でようやく増収に転じた。営業損益も設立以来、3期ぶりに通年での黒字を達成。純損益は赤字幅を縮小した。

 売り上げについては、年間を通じて自動車や産業機器向け製品の堅調な需要を維持したことや円高の是正により、8330億円で2年前の水準に回復。営業損益は、構造改革による固定費削減効果で、設立以来最高益となる676億円の黒字を計上した。純損益は53億円の赤字となったが、下期での黒字を達成している。市場環境の好転と大幅な固定費削減効果によるところが大きいが、回復基調に乗っていると言えるだろう。同社は四半期単位でしか予想を開示していないが、14年度第1四半期も対前期比、対前年同期比ともに増収増益を見込んでいる。

 しかし作田久男会長兼CEOはあくまで個人の見解とした上で、「現在のルネサスはタイトロープを渡っているような状況」だと語った。作田会長は現在のルネサスのリスクは売り上げにあると考えている。これまでのルネサスは大赤字の製品から儲かっている製品まですべて含んだ上で、売り上げ確保を重視した経営を行ってきたという。そして選択と集中の中で、EOL(販売終了)サービスを実施するなど、顧客にも一定の負担を強いる形で何とか利益改善に向かっているのが現状だ。一歩踏み外すと売り上げがガタ落ちするリスクを作田会長は懸念している。また、柴田英利CFOも「売り上げが落ちることによって、現在進めている構造改革が崩される懸念もある」と語る。

 ルネサスは今年からEOLサービスを開始したが、それに伴い、販売終了製品の「つくりだめ」を実施。その駆け込み需要が今の業績改善に寄与している。前期の営業利益のうち数十億円がつくりだめ製品の需要によるものだという。今年度もつくりだめ効果で数十億円の営業利益を見込んでいる。需給関係を表すBBレシオ(出荷受注比率)も3月より4月のほうが良い状況にある。

 このつくりだめの影響は今年度にピークを迎え、その後は徐々に減衰していくと見ているが、この見通しを誤ると負債を残すため、将来的なリスクとなるという。

 

グローバル競争に向け構造改革をさらに推進

 現状でルネサスの構造改革は4合目だという。同社では昨年10月から30カ月にわたる変革プランを遂行している。まずは15年度末までの残り24カ月で構造改革を完遂し、その成果を基に16年度に営業利益率を2桁に乗せるという。2桁の営業利益率は設立当初から中長期的な目標として掲げていたが、いまだ通年では達成していない。13年度は8%まで上げてきた。

 2桁の営業利益率を目指す理由については、グローバル競争の土俵に上がるために必達の数字だという。作田会長が在籍していたオムロンはルネサスの半導体のユーザーであるが、作田会長はユーザーの立場を振り返り次のように語る。

 「製品の品質に加え、会社の信頼性や永続性が認められて、はじめてセレクションの候補に上がる。営業利益率が2桁でないと、会社の信頼性や永続性が疑問視され、顧客のセレクションで外れてしまう」

 このため、2けたの営業利益率達成には並々ならぬ意欲を見せる。2けたの営業利益率は、構造改革の完遂を前提としており、「この2〜3年は構造改革に全力を尽くす」という。その中で固定費の圧縮をさらに進める。

 昨年は、生産について機能と拠点の統廃合を実施し、4月には前工程と後工程の生産子会社を立ち上げた。今年は設計・開発について機能と拠点の統合を進める予定だ。この設計・開発の統廃合を中心とする14年度の改革で、全体の6〜7合目まで到達する見通しだという。

 現在のルネサスの従業員数は約2万7千人で、ピーク時の7割以下にまで減っているが、作田会長は「現状でまだ25%程度の人員の余剰感がある」と語る。会社として積極的なリストラはしないとしているが、拠点と機能と統廃合で、転勤に応じることができない社員などが自ら去る形になり、結果的に人員削減が進む。

 こうなると気になるのは、ルネサス社内でのモチベーションだ。構造改革で収益基盤が固まり、次に成長に向かう時に企業の体力が残っているかという問題がある。このため、ルネサスでも人の資質の問題は認識しており、適切な人事評価でモチベーションの維持・向上には留意している。さらにコアの社員については、作田会長をはじめ、経営陣がマンツーマンでディスカッションし引き留めを行っているという。

 作田会長は、社員に対して「真面目」を超えて「本気」で、経営陣には「本気」を超えて「狂気」で仕事をするよう求めている。ルネサスの業績は回復したが、それは4度にわたる早期希望退職で1万人以上がルネサスを去るという固定費削減によるところが大きく、ある意味、狂気の沙汰の上に成り立っている。この経営陣の狂気が社員の本気にどう響くのだろうか。

(文=本誌/村田晋一郎)

 

【ルネサス】関連記事一覧はこちら

【政治・経済】の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る