媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

人口1万人の北海道・美瑛町の挑戦、農産物海外輸出「ユリ根」

ゆり根

アジア市場で人気の高い日本の食品や農水産物。その生産地ではどのような取り組みを行っているのだろうか。観光と農業が産業の中心である北海道の美瑛町を訪ねた。

北海道・美瑛町 農産物の海外輸出 ”ユリ根”の輸出は独自路線、きっかけは「縁」

 北海道のほぼ中央に位置する上川郡美瑛町は農業と観光が産業の中心である。人口わずか1万人の美瑛町でも農産物の海外輸出を行っているという。主な輸出品はユリ根。日本では茶わん蒸しに入っていることでおなじみかと思うが、焼くとモッチリ、ホクホクとした食感のジャガイモに似た、晩秋から冬にかけての贅沢な味だ。

 輸出先は台湾で、輸出が始まったのは、今から7年前の2007年ごろ。昨年度は1ケース5㌔㌘のものが4千ケース出荷された。町全体で1万8千ケース出荷する中の2割強に当たる。台湾でも高級食材だそうで揚げ物、炒め物に利用され主に現地の富裕層に買われるのだそうだ。

 ところで、なぜ、美瑛町のユリ根が台湾へ出荷されるようになったのであろうか。その経緯を「JAびえい」の代表理事専務の熊谷留夫氏に聞くと、「私の友人がたまたま台湾の大手企業のオーナーと親しかったのが縁で、独自に輸出を行うようになりました。彼がスーパーマーケットを70〜80店舗ほど持っていたので、まずは安定的に量が供給できるものをリクエストされました。中でも気に入られたのがユリ根。美瑛のユリ根は大玉で、大きいものが喜ばれる台湾に合っていたようです」

 ただ、ユリ根を生産するのは大変だ。生産農家の柏倉秀伸氏に話を聞くと、「ユリ根は実は手間がかかる作物です。元種まで入れると出荷するまでに5〜6年かかるんです。さらに、最も大変なことは一度収穫した畑は10年以上休まさなければなりません」

 手間がかかることや畑を休ませなければならないこともあり、生産量はあまり伸びないのだそうだ。広大な畑を必要とするため、日本の生産量の95%が北海道産というのも分かる。

 柏倉氏は台湾へ視察に行ったそうで、「ユリ根がこんなにおいしいものだとは思っていなかった」という現地での評価に自信を深めたという。

 

北海道・美瑛町 もう一つの産業の柱”観光”

20140610_tokushu5_03_320

丘陵地帯にある畑は観光資源でもある

 美瑛町のもう1つの産業の柱、観光でも海外からの観光客が多い。そのお陰もあって海外での美瑛町の知名度は高いため、農産物も「北海道産」ではなく「びえい」ブランドで勝負していくそうだ。

 実際に農産物や食品の輸出はユリ根をきっかけに拡大している。昨年台湾からはメロンや豆類をはじめレトルトコーン、フリーズドライ食品などが求められ、今年は既に昨年の4倍のオファーが来ている。もちろん、品物を送るだけでは売れない。

 「いくらおいしい、おいしいと言っても、分かってもらえません。必ず試食をしてもらって、実際の味を知ってもらうようにし、さらにおいしい食べ方も説明するようにしています」(熊谷氏)と販売方法に工夫を凝らす。

 台湾の取引先からの縁で、シンガポールにもコメの輸出を始めている。100㌧の契約で、現在も月に10㌧ずつ出荷している。最近は、コメに関する問い合わせが多いようで、他にも、中東のドバイやインドからも引き合いがあるという。

 航空便も、今まで新千歳国際空港から出荷されていたものが、旭川空港にも検疫施設ができることで、輸出環境は大幅に良くなるようだ。JAびえいではインフラの整備なども踏まえて、現在12億円の輸出額を、3〜4年の間には20億円にまで伸ばしていく見込みだ。

 ただ、美瑛町のような人口1万人ほどの地方自治体での輸出の取り組みがなかなか進んでいない。熊谷氏はその難しさを、「美瑛の場合は、海外に信頼できるパートナーがいたことが大きい」と語る。

 さらに、物流コストの高さはもちろんのこと、検疫や通関手続きの煩雑さなどもあり、輸出を考えている自治体にとっては、まだリスクが高いようだ。

 最後に熊谷氏は、「日本の未来や食糧自給率を考えれば、私たちは、まず日本の人たちに安心で安全な食物をしっかり届けることを考えなければならないと思っています。海外に高く売れる商品ばかりをつくって日本の人たちのことを考えず、経済の論理だけで食糧を扱うのは国防のことも含めて危険なことだと思いますよ」と語った。

 輸出を拡大し農業生産を高めることは重要な課題だが、何を、どれくらい輸出するのかなど、日本の将来にかかわる問題だけに、深く考えることが求められている。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る