媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「おいしいから売れる、飲めば分かるなんて妄想ですよ」--村田吉弘(「菊乃井」三代目主人日本料理アカデミー理事長)

村田吉弘氏

「あかんなぁ」。日本の農水産物の輸出を今後どう伸ばせばよいのか。その秘策を村田氏に尋ねると、まず帰ってきた答えが冒頭の言葉。日本食を世界に広めることをライフワークとし、和食の無形文化遺産登録の立役者であるがゆえに、愛情深い視点から見えてくる日本の食の現状は、課題も多いようだ。

村田吉弘氏は語る 売りたいのなら、相手の土俵に上がれ

 日本に住んどると、ほとんどの人が髪も黒いし、目の色も同じでしょ。赤といえばみな同じ赤を思い浮かべるし、音にしてもみんな同じ音が聞こえていると思うてる。もちろん、おいしい味も、みな同じく感じているはず。僕は若いころにフランスに行ってたけど、彼らは違う。僕らが思うてる赤と彼らが思うてる赤も、ほんまは違うやろうな。

 例えば、ヨーロッパの人は鼻も鼻孔も大きい。寒い地域だから氷点下の空気を一度そこに入れて温めてから肺に入れる。つまり、臭覚が発達している。逆に味覚は日本人のほうが発達していると思う。

 そやから、日本の農水産物をプレゼンする時も、日本人にプレゼンするのと同じようにしてはダメだということです。

 日本酒も、「評価されてる」という割には売れてない。試飲会を行ってもお酒を並べて、どうぞ試飲してくれと言うだけ。説明も、「香りは豊潤で、飲み口スッキリ」。そんな言葉じゃ、現地の言葉に訳しても彼らには伝わらへん。

20140610_tokushu7_320

村田吉弘(むらた・よしひろ)
1951年京都・祇園の老舗料亭「菊乃井」の長男として生まれる。立命館大学在学中、フランス料理修行のため渡仏。大学卒業後、料亭「加茂免」で修行を積む。93年菊乃井代表取締役就任。2013年の和食の無形文化遺産登録に尽力、「食育」なども積極的に行っている。

 彼らは、素養としてワインの知識があるんです。腐葉土の香りはこの香り、ナッツの香りと言えばこの香りと、教育として受けているわけですよ。教育のベースにそれがあるから、まず、香ってくださいというと「白い花の香りですね」とか「いや、オレンジかな」という話になる。その後、「口に含んでください」となるわけですよ。こんな風に、ちゃんと彼らに分かるように、彼らの言語で説明できる人がいてないわけです。

 日本では、〝日本酒対ワイン〟の構図になっているけど、そんなことを思うてんのも日本人だけ。向こうにしてみれば、「極東で米を2次発酵させた白ワインをつくってるよ」くらいなもんですよ。山廃やら大吟醸なんて、日本人だってよう分からんもんをいかに説明するのか。

 そやから、今度、安倍首相が名誉会長の日本食文化普及推進議員連盟ができたんです。そこに、国際ソムリエ協会会長の田崎真也さんと日本ソムリエ協会会長の岡昌治さんを呼んで、向こうのワインを売っていく戦略について話してもらう。

 それが、日本酒を売っていく戦略の参考になると思うてます。シャルドネと同じ温度で、同じグラスで飲んでもらう。徳利やお猪口を買わなくてもすむ。だったら、ソムリエは経営者に対して、「試してみますか」と言いやすいでしょ。戦略が決まってないのは、闇夜で真剣振り回したりするようなもんです。危のうてしゃあない。

村田吉弘氏の思い 50年後の日本人を飢えさせないために

 第1次産業のものを世界に売っていくとすれば、フランスに学ぶべきだと思いますよ。フランスにはソペクサ(フランス食品振興会)があり、ワイン振興会があり、シャンパン振興会もあって共同で事業を行う。日本はまだバラバラやからね。

 世界中、アフリカ以外周りましたが、日本の農水産品よりおいしいもんを食べたことがない。売れるもんをつくっているんだけど、売り方がへたなだけ。島国で、農家の人もどうやって売っていいか分からんから農協に納めるしかない。

 輸出が何で大事かと言うと、50年後の日本人を飢えさせへんためにも、考えないかんということ。例えば、食育の基本は給食であり、給食は教育の一環だということで、京都は和食給食を提唱している。既に5回中4回までご飯になってる。戦後、西洋の食べ物には滋養があるっていって、確かに体は大きくなったけど体力や持久力は低下してる、おかしいでしょ。将来を背負う子どもをもっと大事にせな。

 50年後、日本の人口は8千万人になって、3人に1人が60歳以上。国際競争力も経済成長も期待できない中で食糧をどうするんやと、その時に海外で生産される食糧は、ほぼ中国に買われてるよ。今の第1次生産物の自給率がエネルギーベースで39%、そのままの生産量を維持すると人が減るから60%になる。その数字は、飢えて死ぬ人が出えへん数字ですよ。だから日本の生産物を増やして海外へ売っていかんと、50年後の子どもは飢えてしまうよ。日本の農水産物のことは、日本人すべてが考えなきゃならん大事な問題なんですよ。

写真=森モーリー鷹博

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る