媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

アオイゼミが目指す教育産業のIT革命(後編)--石井貴基(葵社長)

金の卵発掘プロジェクト

「金の卵発掘プロジェクト」とは将来の日本経済を背負って立つ人材を発掘し、日本を元気にするためのビジネスプランコンテスト。本連載では2013年の選考会で審査委員特別賞を受賞した企業について紹介していく。
「金の卵発掘プロジェクト」フェイスブックページはこちら

石井貴基

石井貴基(いしい・たかき)
1984年北海道札幌市生まれ。福島大学経済学部卒業後、リクルート(現・リクルートHD)に入社。11年にソニー生命保険に転職し、ファイナンシャルプランナーとして地方のあらゆる世帯の家計コンサルティングを行う。その際、悪化する地方の経済状況と家計における教育費の高さに課題を感じ、12年3月に上京。株式会社葵を創業し、誰でも無料で学べる中学生向けオンライン学習塾アオイゼミをリリース。14年から高校講座も開設。

石井貴基氏は語る IT革命の環境が教育現場に整う

 インターネットが普及してもう20年近くになり、現在さまざまなサービスが私たちの身の回りにありますが、教育産業では、今に至るまでITの普及は進みませんでした。

 そのハードルとしては「教育」特有の意思伝達の難しさや、生徒の理解度に対するフィードバック、そしてPCなどのデバイスやインターネット環境が教育の現場に届かなかったことが挙げられます。

 しかし、スマートフォンが中学生・高校生にも普及し、リアルタイムで授業を配信する技術も普及してきました。ようやく教育にもIT革命が起こる環境が整ったのです。そこに着目して、インターネットに特化した学習塾が私たちの「アオイゼミ」です。

 アオイゼミはPC、スマートフォン、タブレットで会員登録をすれば、誰でも無料で学習できます。さらに、スマートフォン向けのアプリも無料でダウンロードできます。

 最大の特徴は、平日の夕方に配信される「ライブ授業」です。大手予備校の教壇に立っていたプロ講師を採用し、高品質な授業を毎日リアルタイムで放送しています。ライブ授業には、生徒が講師に質問できるコメント機能があり、講師は生徒の理解度をリアルタイムに把握しながら授業を進められます。

 毎日3千人以上の中高生がライブ授業で勉強していますが、これは親による強制ではありません。

 実はオンライン学習の弱点は「継続性」で、これは自学自習である通信教育においても同様です。学習塾のように「教室の机に座らせる」という強制力が働かないので、生徒に学習を継続させることは非常にハードルが高いのです。

石井貴基氏の思い 学習を継続させるコミュニケーション

 それでは、なぜアオイゼミでは生徒が自主的に勉強しているのでしょうか。

 その答えは「コミュニケーション」です。先にも触れたように、生徒が授業中に分からないことがあれば、その場で講師に質問します。また、分からないという生徒がいれば、理解が進んでいる生徒がコメントで教えてあげたりもします。オンラインでありながら、「みんなと一緒に勉強する」「教えあう」「励ましあう」という実際の教室以上の熱気を帯びたコミュニケーションが交わされています。そして、一緒にライブ授業を受講した生徒同士は友人になり、「またあの友達と一緒に勉強しよう」と受講する意欲がわき、学習が継続できるのです。

 「自分がこの授業の一部を作った」という参加体験も「また受講したい!」というモチベーションを刺激します。このような「参加型」のライブ授業が継続の秘訣です。もちろん無料でご利用いただくだけではビジネスになりません。「アオイゼミで成績をもっと上げたい」という方向けの有料サービスでは、過去に配信された2500本以上のライブ授業が、「授業動画」としていつでも見放題になります。

 ライブ授業以外でも生徒が分からないことを講師に直接質問できる「個別質問窓口」が利用できたり、演習問題集を何度もダウンロードできるといったサービスがあります。

 有料プランは最大でも5千円ですので、一般的な学習塾に掛かる費用と比べて4分の1以下の金額となっています。これこそがIT化の恩恵ですし、今まで教育費が負担に思っていた世帯でも、高品質な教育サービスを圧倒的に安く手に入れられるようになりました。学習塾、家庭教師、通信教育に加えた、第4の選択肢として「オンライン学習塾」が一般的になるその日まで、日々精進してまいります。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る