媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「マネー資本主義のルールを疑え!」--福井晴敏(小説家)×阪本順治(映画監督)

福井晴敏(小説家)×阪本順治(映画監督)

 第二次世界大戦の敗戦直前に旧日本軍が隠匿し、戦後復興や反共計画に極秘運用されてきたと噂される「M資金」。この怪しげな伝説を題材に、それを取り巻く陰謀と現代のグローバル金融が抱える問題点を描き出す大作映画「人類資金」が10月19日より公開される。今回、原作・脚本を手掛けた福井晴敏氏と、監督としてメガフォンをとった阪本順治氏は、以前「亡国のイージス」でもタッグを組んだ強力コンビだ。両氏に作品に懸ける想いや見どころを語ってもらった。

20131029_16_1都市伝説とマネー経済が結び付くまで

―― 前回お2人がタッグを組んだ「亡国のイージス」は国防がテーマでしたが、今回金融・マネーをテーマに選んだ理由は。

福井 言い出しっぺは阪本さんで、M資金を題材に映画を作れないかというお話を頂きました。僕はたまたま清水一行さんの小説などからM資金について知っていて、自分の小説の中でもちょっと触れたことがあったので応じたのがすべての始まりです。

阪本 僕は美術助手時代に高野孟さんの『M資金』という本を読んで、将来監督になったときに題材として使おうかと思っていました。映画というのは世間の光が当たっていない部分にライトを浴びせるものだと思っていますが、僕にとってはM資金という題材がそれに合致した。

―― M資金という都市伝説的な題材を扱いながらも、現代のマネー資本主義とうまく絡めた手腕は見事だと思います。

阪本 それは福井さんの手腕ですね。

福井 M資金の謎を追うだけの内容だとつまらないので、なんとか現代の要素とつなげたいと考えていた時にリーマンショックが起きました。それまであまり経済には明るくなかったのですが、アメリカの一証券会社が潰れただけでなぜ世界中がこんなエライことになったのだろうという単純な疑問が浮かびました。リーマンショックを乗り越えて世界の金融市場は以前より賢くなったなんて言われますけど、構造上の問題だから多分何度でも同じことが起きるし、起きるたびにスケールもでかくなって取り返しのつかないことになっていくんだろうなと。そういう感覚がつかめた瞬間に、現代の狂ったルールをM資金が正すという構想が浮かんで「行ける」と思ったんです。

 M資金はどちらかと言えば陰謀をもたらす側のものとしてとらえられているけれど、あえてそれを使って世界を正しい方向に向かわせるという発想でやったら面白いなと。今まで自分の作品は最後に何かが爆発したりして終わるものが多かったんですが(笑)、今回は、画の豊かさなど大作映画の良さを出すためにあえて世界中のいろんな場所に舞台を設定しました。

阪本 プロットをもらった時は、これを一体どう撮ればいいのって思いましたよ(笑)。でも、M資金やそれにまつわる都市伝説を軽々と乗り越えた大胆な仮説を立て、未来をも見据えた話に仕上がっていたのが一番の驚きでした。もし自分で最初から脚本を書いていたら、良くも悪くも告発めいたものとか、重苦しい話になっていただろうなと思います。本作品はエンターテインメント性にあふれ、人間関係が織りなす感情の機微など見どころがたくさんあります。

主演の佐藤浩市さん(左)と森山未來さん

主演の佐藤浩市さん(左)と森山未來さん

―― そうした世界観を表現するために意識したことは。

阪本 M資金にまつわる僕らの仮説が、単なる絵空事に受け取られてしまうのは困る。そのために最も留意したのは、映画に出てくる架空の国(カペラ共和国)と、そこの人物の造形をきちんとすること。ここを間違うとこちらの言いたいことが伝わらないと思いました。

福井 架空の国の代表として森山未來さんをキャスティングしたのはひらめきみたいなものでしたね。主役の佐藤浩市さんは早くから決まっていましたが、未來さん演じる石優樹の役については最後まで空いていました。

阪本 別の映画で何シーンか森山未來を演出させてもらったときに彼の技量を目の当たりにして、人類資金のロケでいよいよニューヨークに乗り込む直前に決めました。

1 2 3