広告掲載
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「クロスプラットフォームで “尖った”会社を復活させたい」--鶴見尚也 (セガ社長COO)

鶴見尚也氏

鶴見尚也(セガ社長COO)

鶴見尚也(セガ社長COO)

鶴見尚也氏の一手 〝大企業病〟を一掃するため権限委譲と分社化を実現

 パチスロ最大手のサミーとアミューズメントゲーム機器・施設運営最大手のセガが2004年に経営統合して誕生したセガサミーグループ。遊技機から業務用アミューズメント機器、アミューズメント施設の運営、家庭用ゲームソフト、SNS・スマートフォン向けデジタルコンテンツ、玩具、アニメーション、統合リゾート施設事業など幅広い領域で事業展開している。

 12年4月にセガ社長に就任した鶴見尚也氏は、どのような会社にしていくのだろうか。

「私は会社に入って22年になりますが、ロンドンに12年、サンフランシスコに5年赴任していたので、東京にいたのはたかだか5年半ほど。去年1年間は勉強に費やしました(笑)」と日焼けした顔で笑う。

 鶴見氏がまず手掛けたのは〝大企業病〟の一掃。意思決定のスピードアップを図るため、大幅な権限委譲を行うと同時に、アミューズメント施設の運営を行う事業部門をセガ エンタテインメントに、スマートデバイス向けビジネスを取りまとめる部門をセガネットワークスに、と一部事業部門の分社化を行った。

 セガには「創造は生命」という社是がある。常に時代を先取りした製品を世に送り出す「尖った」会社がセガだった。だが近年、革新のDNAが影を潜め、「丸く」なっている印象があったという。

「コンシューマー事業の構造改革により強化した収益構造を基盤に、まずは13年3月期に黒字回復を実現することが命題です。IPとIDを中心にビジネスを考えていく。1つのIPをいろいろな出口で落とし込んでいくのです。それが家庭用ゲームであったり、スマートデバイス向けゲーム、アーケードゲームであったり、また、ゲーム以外のものも含めて、さまざまな出口を増やしていくということをしていきます」

 事業別の展開については、次のように言う。

「アミューズメント事業では、ぷよぷよ!!クエストアーケードという基本プレー無料のゲームを今年11月に導入します。ゲームはすべて無料ですが、ゲーム内でアイテムを買ったり、時間短縮をしたりする際にお金を入れてもらいます。ゲームセンターで無料というのは初のことです。またアーケードゲームとスマホをネットワークで繋げて遊べるような取り組みも行っています。今まではゲームセンターに行かなくては遊べなかったものが、どこでもできるようになりました」

 家庭用ゲームでも入り口は無料で遊べるものを導入。

「オンラインロールプレイングゲームの『ファンタシースターオンライン2』というもので、携帯型ゲーム機やパソコン向けに無料配信。最大の特徴はゲーム機、パソコン、スマホのゲームデータをクラウドで管理すること。外出してもスマホでゲームを続けて遊べます。ゲームを楽しむアイテムなどで課金する仕組みです」

 携帯電話は、電話の他にメール、音楽、テレビなどいろいろな楽しみ方ができる。このため、競合はゲーム会社だけではなく、ユーザーの時間の捕り合いということになる。

「ファンタシースターオンライン2」

「ファンタシースターオンライン2」

送客システムを無料開放しさらなる顧客囲い込み狙う鶴見尚也氏

 そんな中でこの8月、セガが中心となり、15社がスマホ向けゲームのユーザー開拓で連携するというニュースが流れた。SNSのユーザーにゲームを配信してきたグリーは中抜きされかねないということで、「グリー外し」との報道もされた。これに対し、「まずグリーさんやディー・エヌ・エーさん外しを目論んでやっているわけではありません」と鶴見氏はきっぱり否定。

「スマホのゲームでどうお客さまに自分たちのゲームを見つけてもらうか。まずは、自社のゲームの間で送客システムを作りました。これを自分たちの中だけでやっていたのでは限界がある。そこで同じ悩みを持っているソフト会社さんにお声掛けし、このシステムを無料開放した。いわばギブ&テイクです」

 このシステムには課金する仕組みになっていないが、付加価値が付いたサービスが提供できるのであれば、将来は収益化も視野に入れているという。

「それより関心を持っているのは、例えば電子書籍や株情報、映画なども結合させて、既存のマーケットに限らずいろいろなユーザーを呼び込める大きな電子マーケットを作ること。興味を抱いていらっしゃる異業種の方もいらっしゃいます。とはいえ、自社の顧客を流すわけですから、賛同されないところもあるでしょう。そこは各社の考え方だと思います。最後に使うかどうかを決めるのは、お客さまがこうした取り組みに利便性を感じていただけるかどうかだと思います」

 海外市場の事業展開についても、長い海外経験を生かして各事業分野でビジネスチャンスの発掘を促進していくという鶴見氏だ。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る