媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「1つの作品を世界で販売 できるようなビジネスモデルを 構築していきたい」--石坂敬一(ワーナーミュージック・ジャパン会長)

石坂敬一氏

石坂敬一(ワーナーミュージック・ジャパン会長)

石坂敬一(ワーナーミュージック・ジャパン会長)

統計開始以来、初の世界一となった日本の音楽市場

 日本レコード協会の調べによると、日本の音楽ソフト総生産金額は、1998年がピークで6075億円。12年は3108億円。これにはオーディオレコード(大半はCD)と音楽ビデオが含まれており、音楽配信は含まれていない。この15年でほぼ半減したことになる。とはいえ前年実績を10%上回った。さらに国際レコード産業連盟が発表した12年の音楽市場の世界統計によると、日本は米国を抜き世界一の市場規模になった。CDなど音楽ソフトパッケージや配信サービスなどの売上高の合計は約43億ドル。73年の統計開始以来で初めての快挙という明るいニュースもある。

 12年が好調の理由を、石坂敬一会長は次のように分析する。

「1位になったのは、日本の文化が〝あれもこれも〟だからではないかと思います。英米は〝あれかこれか〟文化。新しい物が出ると、そちらへ移行する。音楽がデジタルになるとCDは売れなくなる。日本はデジタルも増えてきたけど、CDも売れています」

 日本でCDが売れているのは、アイドルの存在が大きいのだという。

「『AKB48』や『嵐』などのアイドル人気で売れ行きが良かったのと、『Mr.Children』などベテランのベスト盤の発売が中高年層の需要を喚起した。過去の名曲を歌った徳永英明さんのアルバム『VOCALIST』も大ヒット。こうしたカバーアルバムもよく売れました。ベスト盤やカバーアルバムが売れるのは、音楽の聴き方が〝つまみ食い〟的になったからでしょう。知っている曲がないと手を伸ばさない」

 今年上半期のシングルCD売上高は、これらアイドルが過半数を占めているという。テレビが地デジ化し、横幅が増え、画像が鮮明になったため、ビジュアルの良いものが受け入れられるようになった。視聴者が綺麗なもの、かわいいもの、美しいもの、セクシーなものを求めるようになった結果が現れたのだという。

「ただし日本には問題点もあって、デジタルの売り上げが欧米に比べて遅れている。ここを強化しなくてはいけない。また、かつて60年代には40%のシェアを持っていた洋楽が、今や15%。音楽の幅を広げる上では、カテゴリーやジャンルを改善して、もう少しバランスを取る必要がある。海外市場の開発も必要。不満は、音楽業界が資本力に欠けるところ。だから常に日銭を稼ぐため回転し続けなくてはならない。邦楽は常にヒットが求められる。洋楽は『世界の傾向を伝える』ことが大切なのです。今後日本は海外展開を強化することは必然の命題です。それから、DVDやブルーレイなどビジュアル製品の展開、つまり権利ビジネスを強化しなくてはいけない。加えて人材育成が必要です。これは各社小回りが利くので、それぞれ取り組んでいると思います」

1 2