媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「ゆる起業」で幸せな人生を--片桐実央(銀座セカンドライフ社長)

片桐実央氏

 シニア起業に関するさまざまなサービスを提供している銀座セカンドライフ。起業コンサルやレンタルオフィス、セミナー・交流会といった事業を柱に順調に業容を拡大している。片桐実央社長に事業展望と顧客動向について取材。同社顧客には、事業概況と起業への思いを聞いた。

片桐実央(銀座セカンドライフ社長)

片桐実央(銀座セカンドライフ社長)

レンタルオフィスの契約者は800社超に

 同社の今年6月期決算での売上高は、初年度比約10倍。2008年からの開業半年で黒字転換を果たしている。片桐社長は業績好調の要因を「シニア起業に対する認知度が高まり、ニーズが顕在化してきた」と分析する。

 レンタルオフィス「アントレサロン」は都内の銀座と東京駅そばに4店舗を構える。サロンの契約会員数は9月中旬時点で800社超に達した。10月には横浜市に新しいサロンを開設。片桐社長は「できるだけ早く大阪、名古屋、福岡といった大都市圏を網羅したい」と目標を語る。

 同社の顧客は50~60代が6割程度を占め、40代、30代、70代が続く。改正高年齢者雇用安定法の施行で定年引き上げなどが義務化されたものの、片桐社長は「雇用を継続しても希望する仕事を担当できずに、起業を選ぶ人が増加する可能性がある」と指摘する。また、最近では30~40代の利用が増加。将来に向けて、情報収集を行うセミナー参加者が目立ってきたという。

50代と60代では起業スタイルに大きな差が

 世代別で起業スタイルは異なるようだ。60代以上は過去の経験と人脈を生かし、開業前から一定の収益が見込めるなど、盤石な体制を築くケースが多いという。

「〝退職金代わりに前職の顧客をもらったようなもの〟とジョークを飛ばす人もいる。60代には事務サポートと、新規獲得を支援するために交流会への参加を促すだけで、経営をうまく回す人が少なくない」(片桐氏)

 一方、50代は未経験分野での起業や、開業してからマーケットを開拓しようとする起業家が目立つという。片桐氏は「一世代の差だが、起業時期が定年後と定年前の早期退職後では、気持ちの在り方が全く違うようだ」と説明する。

 世代差はあるものの、片桐氏は中高年に合った起業スタイルとして「ゆる起業」を提案している。「ゆる起業」の5原則は、(1)楽しいと思える(2)やりがいを感じる(3)経験を生かす(4)利益を追求しない(5)健康が一番。

「うまくいっているシニア起業家に話を聞くと、自然とこの5原則を実践している人が多い。バリバリ働いているミドル層にも当てはまる部分はあるのではないか」(同)

 片桐社長は「シニア起業家は幸せそうに仕事をしていて、ほほ笑ましい。ミドルの方は拡大志向が強く、私自身刺激を受けている。どちらにせよ、顧客には幸せな起業ライフを実現してほしい」とエールを送る。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る