媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「人本主義経営の実践で 高齢者に働く場と生きがいを」--上田研二(高齢社会長/75歳)

うえだ・けんじ氏

 上田研二氏は東京ガスの理事や関連会社社長を経て、2000年に60歳以上を対象にした人材派遣事業を手掛ける高齢社を設立した。上田氏は少子高齢化の加速を受け、「定年を過ぎても気力や体力のある方々に生きがいを提供したい」と意気込む。

東京ガス理事から高齢者向け人材派遣会社経営へ 【うえだ・けんじ】 1938年愛媛県生まれ。56年県立八幡浜高校卒業、東京ガスに入社。同社理事、関連会社社長などを経て、2000年に高齢社を設立。10年より現職。

東京ガス理事から高齢者向け人材派遣会社経営へ
【うえだ・けんじ】
1938年愛媛県生まれ。56年県立八幡浜高校卒業、東京ガスに入社。同社理事、関連会社社長などを経て、2000年に高齢社を設立。10年より現職。

産廃だった高齢者がレアメタルの宝庫に

―― 起業に興味を持つようになったきっかけを教えてください。

上田 私が50代半ばの時に元首相である故・橋本龍太郎氏の講演を聞きに行った時のことです。テーマは「少子高齢化社会の到来」で、定年を迎えたら自分で何か会社を興したいという気持ちが生まれました。

 米国流の株主至上主義の台頭で、従業員第一主義がなおざりにされるようになりました。私は子どものころ、父が会社を解雇され、仕事を失う大変さは身に染みて理解しています。経営学者の伊丹敬之さんが提唱する人本主義経営を自分の手で実践してみたいと思ったのです。

―― 起業に至る経緯は。

上田 1997年に東京ガス子会社の協力企業で、ガス機器などの修理施工を手掛ける東京器工に出向し、経営再建を果たすために社長に就任しました。倒産寸前でニッチもサッチもいかない状況でしたが、リストラをせずに経営改革を実行して黒字化にこぎ着けました。

 他方で、東京器工は中高年社員が多く、定年後も彼らの豊富な経験を生かせる場がないか考えるようになったのです。また、東京ガスの先輩方が老後の居場所を見失っているということを知り、人材を活用できる会社をつくりたいと決意しました。

 いくつになっても生きていることが楽しくなくてはおかしい。私は高齢者を〝産業廃棄物〟と呼んでいますが、適切にリサイクルすればレアメタルの宝庫に変わります。有志が集まって会社をつくることにしました。

1 2 3