媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

創立50周年に向けて 創造的イノベーションを--宮内義彦(オリックス会長・グループCEO)

宮内義彦氏

 「リスクを取ることでイノベーションは生まれる」と説明する宮内義彦・オリックス会長・グループCEO。今年も、資本参加や業務提携などを通じて国内外で事業の多角化を図ってきた。目指すのは、成長分野参入や「経済のサービス化」への対応による基盤強化だ。

宮内義彦(オリックス会長・グループCEO)

宮内義彦(オリックス会長・グループCEO)

国内外の成長領域に相次ぎ参入を果たす

―― 出資や買収などをとおして、成長領域への積極的な参入を続けています。

宮内 オリックスではかねてから、リスクを見極めて新しいことにチャレンジしていくことが伝統になっています。重要なのは新しいマーケットを開拓することで、2番手、3番手にはなりたくありません。同業他社が始めたから当社もやってみようというのでは、競争に勝ち抜くことはできないからです。

 今年6月には、バーレーン王国に本社を置く中東最大級の民間保険会社、メドガルフに出資しました。中東では民間保険が十分普及しておらず、これからの成長が大いに期待できるマーケットと言えるでしょう。

 そのほか今年に入り、欧州の資産運用大手・ロベコグループの買収や、モンゴルの大手金融グループ・テンゲルフィナンシャルグループへの資本参加を行っています。モンゴルには未開発の鉱物資源が多く、今後の成長に期待できる非常に面白い国ですね。

 国内では、今年5月に車載型医療機器のレンタル事業を行うフリールを完全子会社化しました。この事業を手掛けるのは日本では1社だけで、ユニークな企業です。しかし、われわれが参入していない未知の地域、分野はまだまだありますよ。

―― 現在、どういった事業分野に注目していますか。

宮内 新エネルギーの開発は、日本にとって最重要事項の1つです。当社は、太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーに関する事業に力を入れてきました。2011年の福島原発事故もあり、太陽光エネルギーは一層脚光を浴びています。再生エネルギー事業の魅力は、どの企業も参入したばかりである点です。われわれもしっかり勉強しながらビジネスを進められるという利点があります。

 将来的には、風力や地熱に関しても商機が一層広がるでしょう。「これ」と思ったビジネスには、全社を挙げて関与していきたいと思っています。

1 2