媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

画像処理とIT技術を生かして事業機会拡大を目指す--富士フイルム

医療を財政赤字の元凶から 〝稼げる〟成長産業へ

20130918_32_01 富士フイルムのメディカルシステム事業が好調だ。同社は1936年のX線フィルムへの参入に始まって、デジタルX線画像診断システム(FCR)、内視鏡、血液診断システム等、診断系の機器を中心に展開。海外進出も約60年の長い歴史を持つ。現在は得意の画像処理技術などを武器に、医師の正確かつ迅速な診断をサポートする製品・サービスに注力する。

 特に好調なのが、年率2桁成長を実現している医療IT事業。病院内で使用されるCTやMRIなどから得られる検査画像を保存・解析するシステムPACS(Picture Archiving and Communication System)の「SYNAPSE」は、国内トップシェアで世界市場でも高いシェアを誇る。

 競合との差別化ポイントとなるのは、医療の現場で培った画像処理技術と使いやすい操作性、システムの安定性だ。「SYNAPSE」は、ウェブ環境があれば院内のさまざまな端末からアクセスできるのが特徴。メディカルシステム事業部長の後藤禎一氏は、

「ITプラットフォームを押さえることで、そこにつながるさまざまな機器が提供しやすくなるため、ビジネスの拡大が見込める。病院では、医師の使い慣れたシステムが継続利用される傾向が強いので、こうした基盤を持っているのは強み」と、説明する。また、クリニックから病院の検査・診療予約ができる地域医療連携システム「C@RNA(カルナ)コネクト」も、全国100施設以上の病院と約1700のクリニックで運用実績がある。このシステムを導入することで、地域全体で医師不足を補い、病院側は業務効率や紹介率の向上を図れるという。

 内視鏡事業では、経鼻内視鏡やダブルバルーン小腸内視鏡など特徴のある製品を軸に展開する。加えて注目されるのが、2012年9月に発売したレーザー光源を用いた新内視鏡システム「LASEREO」。富士フイルムが写真分野・医療分野で長年培ってきたレーザー制御技術を応用して、2種類のレーザー光を観察目的に応じて自在にコントロールし、独自の画像処理技術と組み合わせることで、粘膜表層の微細血管などを強調した画像観察を実現したものだ。

 医師の正確かつ迅速な診断のサポートに加え、同社がもう1つ掲げるのが患者の負担が少ない診断のサポートだ。例えば今年4月に発売したデジタルマンモグラフィ「AMULET Innovality」。低線量化を実現したほか、乳がん検査で受診者の乳房を圧迫固定する板の形状を改良し、乳房の厚みに添って板が傾斜して圧力を分散することで痛板の軽減を目指した独自の圧迫板も搭載可能だ。

 海外市場に関しては、中国で内視鏡の売り上げ増を目指すほか、中東・アフリカでも売り上げを伸ばしているという。今後は南米でも攻勢を強め、グローバル展開を加速していく構えだ。

「日本の医療機器メーカーでも、グローバルな販売チャネルの多さではわれわれが一番」(後藤氏)と自信を見せる。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る