媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「スポーツ×エンターテインメント」で東北を元気にする--並木浩司(ゼビオアリーナ仙台 館長)

常設では日本初となる160インチの大型ビジョン

並木浩司氏の思い 「東北を元気に」

 「スーパースポーツゼビオ」や「ヴィクトリアゴルフ」などを全国で展開する、スポーツ用品販売大手のゼビオは、企業のステートメント(宣言)として「スポーツの国をつくろう」を掲げている。そのゼビオが昨年10月、仙台市内に「アリーナ」をオープンした。一般的に施設を造るのは自治体が基本の中で、あえて自前で造った狙いとは。

並木浩司(ゼビオアリーナ仙台 館長)

並木浩司(ゼビオアリーナ仙台 館長)

―― 「ゼビオアリーナ」を造ったきっかけは。

並木 「スポーツの国をつくろう」という方針を、私たちゼビオグループは掲げています。その中でスポーツを楽しんでいただく方の裾野を少しでも広げようという目的から「アリーナ」への発想が生まれました。日本という国が、高齢化社会になり、子どもさんたちの数も減っています。それは、私たちの商売であるスポーツ用品の小売りにまで響いてしまうことになります。

 では、どうやってスポーツの楽しさを伝えようかと思った時に、「あこがれ」というものを考えました。

 今までの公共の体育館や競技場などはどうしても、競技者中心に考えられてきました。どうしても観客席は後回しになりがちだったのです。ですから、私たちが考えたのは観て楽しめる施設でした。

 例えば、子どもたちが観て、あこがれてその競技を始めたいと強く思うような場所です。

 あえて言うならばエンターテインメント性を重視したと言えば適当かと思います。建設までには5、6年ほど準備期間を設けました。視察も米国を含めて数多くの競技施設を見学し、日本人の好む繊細な部分も含めて、各場所のいいところを採用した施設になったと思っています。

―― アリーナスポーツとはどのようなスポーツですか。

並木 基本的には屋内スポーツですので、中心はバスケットボールやバレーボールになります。仙台には仙台89ers(エイティーナイナーズ)というbjリーグ所属のバスケットボールチームと、Vチャレンジリーグの仙台ベルフィーユがあり、何試合かわれわれの会場を使っていただいています。

常設では日本初となる160インチの大型ビジョン。

常設では日本初となる160インチの大型ビジョン。イベントを盛り上げる映像・音響施設が充実
写真:XEBIO

 先ほどもエンターテインメント性を高めているというお話をさせていただきましたが、常設では日本初になる160インチの大型ビジョンが4面+2面設置され、全方向からリプレーや会場を盛り上げる映像を流すことができます。また観客席を1周する213メートルのリボンビジョンなどもあり、NBA(米国のプロバスケットボール)のような雰囲気を再現できると思っております。

 観戦していただいた子どもさん方も圧倒的な迫力に感動していただけているようです。いずれ、この地をアリーナスポーツの聖地と呼ばれるようにしたいと考えています。

 また、私自身アイスホッケーの選手でしたので、いずれここでも開催したいと思っていますが、かなりの費用が掛かりますので、そこをクリアできれば可能性は広がりますね。

―― なぜ仙台で造られたのですか。

並木 ゼビオグループの本社は福島県の郡山市ということもあり、地元東北地方への思い入れがやはり大きいということと、現在1千坪以上ある店舗を約150店舗くらい展開しているのですが、最初に手掛けたのが、泉中央という仙台市の北側にある店舗で、それ以降も仙台近郊に数多く出店し、多くのお客さまにお世話になっていたということ、そして何よりも人口が106万人いる大都市ですので、市場規模からいっても最適な土地であったことが挙げられます。

―― 地域とどのような活動を行っていますか。

並木 「箱を作りましたから、さぁ使ってください」では、誰も来てくださいません。地元の長町商店街に加盟して商店街の方たちに、今度このようなイベントがありますから、一緒にイベントをしましょうというお誘いも始めています。

 アリーナの前に市の所有するイベント広場がありますので、地元の方や行政の方たちとアリーナに絡めた情報を発信しています。

 例えば、アリーナで5千人規模のコンサートをした時に、地元の長町商店街の方々に飲食のブースを出していただいたり、子どもたちも楽しめるような仕掛けもつくってくださいました。コンサートにお越しになったお客さん以外も楽しまれて、地元の方たちとも協力し合う関係を築けたのはうれしいですね。

 私たちにとっては、アリーナに入らなければお金にはならないのですが、いつもここでは何かやっている、ここに来ると楽しいと思っていただくことで町全体に活気が出ることが、長い目で見れば重要なのではないかと考えています。

 今後は、施設を利用した方に長町商店街のクーポン券をお渡しして、この地元の街に滞留していただく工夫をしていきたいと思っています。長町は、仙台駅からJR東北本線で南に一駅ですが、かつては仙台に入る1つ前の奥州街道の宿場町であり、歴史のある街なのです。

 現在は仙台の副都心とよばれ、街が元気になっていますから、活気ある街を、地元の方とつくりあげていきたいと思っています。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る