媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「チームが強くなること」が、 釜石を元気にする--小原崇志(釜石シーウェイブスRFC ゼネラルマネージャー)

小原崇志氏

 日本選手権7連覇、「北の鉄人」と呼ばれた「新日鉄釜石」をルーツに持つ、釜石シーウェイブス。その応援には昔も今も大漁旗「福来旗(ふらいき)」が舞う、震災後の厳しい時にも多くの住民がラグビーを欲した。釜石にとってシーウェイブスとは何か。街とクラブの関係を聞いた。

小原崇志(釜石シーウェイブスRFC ゼネラルマネージャー)

小原崇志(釜石シーウェイブスRFC ゼネラルマネージャー)

小原崇志氏は語る 苦難を乗り越える鉄とラグビーの街

―― 7連覇していた頃の「新日鉄釜石」のイメージは。

小原 実績どおり強かったですけど、家族的な固い絆のチームだなと感じていました。

 私の出身地が、釜石の近くの北上市ということと、当時、明治大学ラグビー部の選手でしたので4年間釜石に合宿に来ていました。練習の後で食事をごちそうになるなどアットホームな雰囲気がありました。

 ただ、当時は地元の住民にとっても、新日鉄のラグビーチームというとらえ方で、地域と密接につながってはおらず、地元でも人気が出たのはだいたい4連覇した頃からだったでしょうか。

―― 2001年に、クラブチーム化されました。

小原 今まで企業の傘の下にいましたから、当然混乱したようです。製鉄所の外で働く選手もいますので練習時間の問題やプロ化の波が押し寄せたので契約の問題などが出てきました。今もまだ完全に解決したわけではないと思っています。

 地域との関係も変わりました。現在も新日鉄の支援がメーンですが、法人、個人のサポーター会員の獲得を積極的に展開しました。今も多くのサポートを受けています。

―― 3・11の震災がありました。

小原 釜石の街も甚大な被害を受けました。練習場のある松倉グラウンドは、内陸にあるので津波の被害がなく救援物資のヘリポートになっていました。ただ、親戚や友人を亡くした選手やスタッフもいましたし、被害を目の当たりにしますと、ラグビーどころじゃないと誰もが思ったようです。

 でも、住民の皆さんが口々に「ラグビーやってくれ」、「練習頑張ってくれ」って言ってくださるんですね、多くの人に言われたことで、5月くらいから練習を開始できました。

 住民の皆さんの言葉の背景には、「釜石はラグビーの街だ」という思いがあると思うんです。ですから、私たちが強くなることによって、住民のみなさんに自信を取り戻してもらう、元気を取り戻してもらう、その起爆剤になれればと思っています。

釜石シーウェイブスの応援にはいつも福来旗が舞う 写真:釜石シーウェイブスRFC

釜石シーウェイブスの応援にはいつも福来旗が舞う(写真:釜石シーウェイブスRFC)

小原崇志氏の思い W杯招致のために、大事なのは「強さ」

―― どのような地域貢献を。

小原 小学校から高校までのラグビー授業のお手伝いはもちろん、ラグビーに関係のない地域の清掃活動などにも積極的に参加しています。ニュージーランドの選手もいるんですが、彼らはボランティアの意識が高いですね。

 例えば、仮設住宅の引っ越しで、数名協力してくれませんか、というお願いがあると、すぐに「やります」と手を挙げてくれるんです。

 彼らのスポーツの原点を考えると地域のスポーツクラブなんですね。だから地域とのつながりを大事にする。日本は学校体育が基本ですからね。

 だから、われわれも、そのような地域に根付いたクラブを目指しています。クラブ化した時からシーウェイブスジュニアという組織をつくり、今では、その年代の子がトップチームに上がってきています。12年も続いたことで子どもの成長も見れますし、うれしいですね。

 企業チームも、隣の席に座っていたから応援できるのであって、お金だけでつながっていても仲間だとは思わないですからね。地域のクラブ化で一番大事なところは、地域で生まれ育った子が、大きくなって地元のクラブに入って活躍する。それが望ましい姿だと思っています。

―― 19年ラグビーW杯招致を目指しているそうですが。

小原 行政としても被災した釜石を再建するために、ワールドカップを起爆剤にしようと思っています。

 もちろん、私たちも積極的にかかわっていきますが、一番重要なのは私たちが強くなることです。強くなければメッセージも届きませんし、弱小チームが何を言ってもしょうがないんです。

 だから、強くなってトップリーグに昇格して活躍し、東北の釜石にこんなチームがあるんだと発信し続けていければと思っています。

 そして、被災した鵜住居(うのすまい)地区に競技場ができれば、そこを核に新しい街づくりをしていければと考えています。

 例えば、競技場に付帯して病院やスポーツジムなど、日常使える施設を提案しています。あそこに行けば、運動もできて、身体も診てもらえる。

「する人」、「見る人」、「応援する人」が一体になれる、そんな競技場にできればと思っています。

―― 最後に釜石にとってシーウェイブスとは何ですか。

小原 街のシンボルでしょうか。われわれの活躍が「釜石の元気!」だと思ってほしいです。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る