経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

ゴルフのスイングは「腰を回す」ではなく「股関節を回旋させる」

吉田 洋一郎氏

「腰を回す」動きについて、多くの人はばくぜんとしたイメージしか持っていない。2本の脚と骨盤は、特殊な構造をした股関節によって連結している。股関節の構造を適切に機能させることで、スムーズかつスイングにとって理想的な腰の回転が生まれる。

股関節

股関節は大腿骨の先端(骨頭)が臼状のくぼみ(寛骨臼)にはまっている構造。これが回旋(内外旋)することで「腰の回転」が生まれる

ゴルフにおける股関節が「はまる」とスイングの関係

 前回「胴体の捻転に際し機能するのは、胸椎と股関節」という事実を紹介し、胸椎の使い方を説明しました。今回は股関節について説明します。

 股関節は太ももの骨(大腿骨)上端にある丸い部分(骨頭)が、骨盤の凹状のくぼみ(寛骨臼)にはまり込む臼状関節(または球関節)と呼ばれる構造です。指や肘のように1方向に曲げるか伸ばすだけの関節とは違い、脚を前後(屈曲、進展)、左右(外転、内転)に加え、回旋する(外旋、内旋)動きが可能です。

 アドレスでは脚のつけ根(これが股関節の位置にあたります)で前傾を作ることが重要ですが、そうすることによってこの臼状関節が適切に機能し、まるで異なる下半身の動きと上半身の動きをスムーズにつなげてくれるのです。

 臼の中で大腿骨骨頭が回旋する(回る)とき、骨盤が止まっていれば太ももがねじれますし、太ももが止まっていれば骨盤が回転します。これがスイングにおける回転運動となるのです。

股関節を回旋させると腰の捻転が起こりゴルフの正しいスイングに

 直立したまま身体を回旋すると、腰は大きく回る感覚があります。しかし、肩と腰のあいだに捻転の差が生まれず、体幹の筋肉を効果的に使うことができません。また、脚の筋肉についても同様です。

 ところが、脚のつけ根で前傾すると、骨盤の回転自体にはある程度歯止めがかかりますが、体幹と脚がねじれて筋肉が伸ばされるのを感じると思います。これが股関節の回旋を主として使い、機能させる使い方なのです。両太ももから膝はほとんど動かさず、正面を向いたままこのカタチを作っていることも重要です。太ももは前後に少し動き、骨盤の回転を作ります。

 よく「腰を切る」と表現する人がいますが、これも股関節が機能しているからこそ生まれる感覚です。正しく前傾し、股関節を回旋させて骨盤を回すと、下腹部には脚の付け根の斜めのラインに沿ってねじり上げられる感覚が持てます。 正しい使い方によってスイングの動作としてムダがなくなり、正確性、再現性、そして力の伝達効率が向上します。

捻転の差は生じないため、大きな力は作れない

直立した状態で腰は大きく回るが、肩も太もももつられて回ってしまい、捻転の差は生じないため、大きな力は作れない

体幹と脚の筋肉が機能し、大きな力が生まれる

前傾して回旋すると、股関節が機能する。腰の回転の大きさは制限されるが体幹と脚の筋肉が機能し、大きな力が生まれる

ベルトのラインの傾きで確認できる

骨盤ごと前傾すると股関節が適切にセットされ、機能してくれる。ベルトのラインの傾きで確認できる

 以上が「腰を回す」の正しいイメージです。正確で鮮明に思い描ければ、実際に自分の身体でこの動きを作ることも容易になります。

CEOゴルフのポイント

□ 腰を回すのでなく、股関節を回旋するイメージを持つ。

□ アドレスでは、骨盤を前傾させ、股関節を正しくはめ込むことを意識する。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。