媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

「観光立国実現に向けてのエンジンとして、スピード感を持って取り組んでいく」--菊間潤吾 (日本旅行業協会〈JATA〉会長)

菊間潤吾氏(日本旅行業協会(JATA)会長)

アウトバウンドのノウハウでインバウンド市場の主役に

―― 日本の観光産業の問題点は。

菊間 鉄道の表示が分かりにくいとか、外国語が通じにくいなど問題はありますが、一方で日本の魅力についてしっかりアピールできていないところも問題だと思います。日本の訪日ツアーは、東京、富士山、京都、広島といったところが定番で、種類が少ない。しかし、日本ほど国内旅行が盛んな国はない。だからもまれているため、観光の質は高いと思います。各地に名産品は豊富にあるし、祭りなどその地ならではの歴史や文化も豊かにある。これをわれわれ旅のプロがセレクトして商品として組み立てれば、魅力的な日本の紹介の仕方ができると思います。アウトバウンドのノウハウでインバウンド市場における主役となるため、ツーウェイツーリズムの推進も重要です。

―― これまで大手の持ち回りだった協会長にワールド航空サービス会長の菊間さんが就任したことで風圧はないですか。

菊間 お陰さまで大手各社トップの方々からは全面的な支援をいただいているので、特にありません。大手の会社だけでなく、協会に加盟している会社の大半は中小ですので、その方々にとってもどうあるべきかを考えて行動しています。まず取り組んだのは、通常の委員会の上に政策検討特別委員会を設置し、ジェイティービーの田川博己社長に委員長に就任していただきました。業界を産業論的にとらえて、何を協会として取り組んでいかなくてはいけないか、そのための整備をやってきました。そこで1年かけて取り組んだアクションプランに基づき、いつまでにどういうワーキンググループでどう取り組むかをスケジュール付きで作成しました。今後はそれをどんどん進めていきます。そのためには、協会加盟の各社の経営体質を強化しなければなりません。そのためのお手伝いも進めていきます。

旅行需要喚起を目的として1977年にスタートした「JATA旅博」。

旅行需要喚起を目的として1977年にスタートした「JATA旅博」。今やアジア最大級の旅行産業イベントになった

―― 9月にはJATA旅博が行われます。

菊間 旅行需要喚起を目的に1977年にスタートし、今年で24回目を迎えるアジア最大級の旅行産業イベントです。「海外旅行博」(海外旅行)から「双方向」かつ「三位一体」(海外旅行・訪日旅行・国内旅行)の総合イベントへと。今年の開催テーマは「旅で示そう 日本の元気」。展示会や国際観光フォーラム、国際商談会、顕彰事業などがイベントの構成です。前夜祭は東京・芝の増上寺で日本の文化を体感できるようなイベントも行います。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界ウェブトップへ戻る

1 2