媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

インドネシアに開発拠点を持ち、オフショア開発を推進--ジェイエムテクノロジー

企業eye

半導体製造装置の技術サービスとITソリューションを軸に、各種のサービスを提供している。また、インドネシア・ジャカルタの開発拠点は、単なる開発拠点ではなく、顧客への新たなサービスを生むポイントにもなっている。

柴田義治社長 生年月日●1969年4月29日 出  身  地●福岡県 最終学歴●西南学院大学経済学部国際経済専攻卒 趣  味●サッカー観戦、ゴルフ座右の銘●質実剛健

柴田義治社長
生年月日●1969年4月29日
出 身 地●福岡県
最終学歴●西南学院大学経済学部国際経済専攻卒
趣  味●サッカー観戦、ゴルフ座右の銘●質実剛健

── 御社の事業内容は。

柴田 基本的に、半導体ソリューション事業とITソリューション事業の2つに分かれています。半導体ソリューション事業では、半導体製造装置のエンジニアリングサービスで、装置の立ち上げ、トラブル対応、保守に加え、部品の販売・修理およびFAソフトウエアの設計・開発を行っており、国内はもとより積極的な海外展開にも注力しています。一方、ITソリューション事業は、さらに細分化されていて、システムインテグレーション、業務系システムの開発、コンサルティング、要件定義から設計、構築および運用、アフターフォローまで、トータルにサービスを提供するITインフラサービスがあります。

── スマホのアプリも開発していると聞いています。

柴田 撮影も受信もスマホでできる高画質の映像配信を実現した「PM Stream」や、手元のスマホだけで映像配信ができ、これにGPSと連動した地図・チャット機能を統合したアプリケーションで、テレビ局のシステムにも活用できる「ロケサポ」などがあります。

── 福岡本社の意味は。

柴田 当社は大阪で創業したのですが、数年で福岡に本社を移転しました。現在は東京本社と福岡本社の2本社制を取っています。東京本社は基本的に国内市場に向けて活動し、福岡本社ではアジア市場を視野に入れています。既にインドネシア・ジャカルタに開発拠点を置き、福岡とジャカルタで密にコミュニケーションを取って、共同開発しているのです。

―― 今後の展望は。

柴田 半導体ソリューション事業では、国内市場の拡大に加え、海外への展開も積極的に拡大していきたい。ITソリューション事業では、新たなITソリューションを開発していきたい。単なる受託開発ではなく、お客さまのサービスに、さらに付加価値を付ける開発や提案をしていくことが目標です。

 また、ジャカルタは単なる開発拠点ではありません。当社の顧客にもジャカルタ進出を考えている企業が多いので、アジア進出のアドバイスをしていきます。そういった実体験に基づくビジネスコーディネートにも取り組んでいきます。

 

【会社データ】
ジェイエムテクノロジー
設立●1995年3月1日
資本金●3億2620万円
従業員●237人
所在地●福岡本社/福岡市博多区、東京本社/東京都新宿区