媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

がん患者を中心に自由診療を含む医療サービスを提供--メディカルブランチ表参道

企業eye

好アクセスながら閑静な表参道の街で、保険診療と自由診療を組み合わせた医療を提供。病気の早期発見や早期治療に加え、血液クレンジングなどの予防治療により、多くの経営者から支持を集めている。

メディカルブランチ表参道・古田一徳氏の思い 社会に貢献できる診療を追求

古田一徳代表 生年月日●1962年3月19日 出  身  地●東京都板橋区 最終学歴●北里大学医学部 趣  味●ジョギング、ゴルフ、野球観戦 座右の銘●ひたすら努力 いつまでも謙虚 ほとばしる情熱

古田一徳代表
生年月日●1962年3月19日
出 身 地●東京都板橋区
最終学歴●北里大学医学部
趣  味●ジョギング、ゴルフ、野球観戦
座右の銘●ひたすら努力
いつまでも謙虚 ほとばしる情熱

── 開業された経緯について。

古田 もともと北里大学で肝臓やすい臓、胆管の外科手術や移植手術、化学療法などを手掛けていました。次第に保険診療だけでは限界があると感じるようになり、がん患者に自由診療を含めた幅広い治療法を提供したいと思ったのがきっかけです。

 周囲からはさんざん「もったいない」と言われましたが、2010年に病院を辞め、川崎市に「ふるたクリニック」をオープンしました。次第に「都心でも医療を行ってほしい」という声が高まり、昨年11月から同様の医療を提供する「メディカルブランチ表参道」で勤務しています。

── 貴院の診療内容について教えてください。

古田 がんをはじめとする病気の治療や、点滴療法、遺伝子を含む各種検査を行っています。病気の早期発見や早期治療、予防を実現するのが目的です。

 血液クレンジング療法や高濃度ビタミンC点滴、プラセンタ注射など、一見美容目的と思われがちですが、幅広い治療効果が見込めるメニューを用意しました。

 特に血液クレンジングは採取した血液にオゾンを入れて体内へ戻す「オゾン療法」として、欧州や南米を中心に世界で広く普及しています。生活習慣病の予防や治療をはじめ、慢性疲労、うつ症状の改善など、さまざまな症状に効果を発揮しています。

── 来院患者の属性は。

古田 男女比率は6対4で、健康への意識が高い経営者の来院が増えています。中には余命宣告を受けたがん患者もいらっしゃいます。当院の治療を受け続けることで、がんの退縮につながったケースもありました。「100%完治する」とは、とても断言できませんが、数多くの患者さんに貢献できるようにベストを尽くしています。

── 今後の展開は。

古田 単なる規模拡大に走るのではなく、社会に貢献できる診療を追求します。将来的には病気が重くて来院できない方のために、在宅医療として点滴や注射の出張サービスを行いたいです。そのほか、お年寄りの入居施設をつくって、料理や手作業など入居者同士でスキルを生かし合える環境をつくりたいですね。アイデアを実現させるために、勉強会に参加するなど、体系立てて経営を学んでいます。

【会社データ】
 メディカルブランチ表参道

設立●2013年11月
所在地●東京都港区