媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

360度撮影したリアル空間を動画コンテンツ「ぐるり動画」で提供

企業eye

特殊なカメラを使った新感覚の動画コンテンツ「ぐるり動画」を提供している。撮影や編集、サイトへの動画組み込みまでをワンストップで提供。「今までになかったリアルな空間」の再現によって顧客獲得を進めている。

360度動画にはさまざまなニーズがある

── 御社の事業内容は。

左部 360度撮影できる特殊なカメラを使った動画サービス「ぐるり動画」の提供を行っています。今までは一方向のみからの映像がメーンでしたが、「ぐるり動画」では全方位を撮影できるので、リアルタイムで自分がその場にいるかのような臨場感が味わえます。

 マウスを使用して、動画を360度視点移動させることができ、ズームインとズームアウトもスムーズに操作できます。

── 「ぐるり動画」には、どういった分野の制作実績がありますか。

左部 現在は、企業や観光地のPR、地域振興といったさまざまなニーズに対応しています。具体的には、障害者に就労の場を提供するオムロン京都太陽の工場や、映画フィルムの現像などを行う東京現像所のバーチャル見学ツアー、都内最大規模の夏祭りである「東京高円寺阿波おどり」のPR動画を制作しました。

 そのほか、イベント制作会社からの依頼を受けて、ライブやスポーツの映像を撮影、配信する予定です。さらにはアイドルのプロモーションビデオ(PV)撮影も行っています。今までにない感覚でPVを楽しんでいただけるでしょう。

── 今後の展望は。

左部 来期売り上げは、今期業績の倍程度となる年商4億円を目指します。撮影から編集、ウェブサイトへの動画の埋め込みまでを一括で提供するノンストップソリューションを武器に、幅広いお客さまに提案していきたいと考えております。企業はもちろん、地方自治体など行政との提携も視野に入れて動いていきたいですね。

 課題としては、営業や現場のクルーといった人材確保を進めていかなくてはいけません。加えて映像の分野は進化のスピードが速いため、常に先取りで新しい取り組みを行わなければ、あっという間に置いていかれてしまいます。

 「ぐるり動画」はまだ立ち上がったばかりですが、同等の制作サービスは世界的にも例が少なく、現時点の潜在競争力は高いといえます。私自身、常にアンテナを高く張って、長年映像を扱っている強みを生かし、「ぐるり動画」の持つ可能性を最大限に引き出したいですね。

 

【会社データ】
ユニモト
設立●1986年
資本金●1200万円
従業員●17人
所在地●東京都杉並区