媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

ITはもっと自由で、もっと面白い!--佐藤紗耶子(リヴィティエ代表取締役)

株式会社リヴィティエ 代表取締役 佐藤 紗耶子氏

ウェブシステムからデザイン、スマホのアプリまでワンストップで開発するリヴィティエ。ワンストップだからできる開発力が強みだ。

株式会社リヴィティエ 代表取締役 佐藤 紗耶子 (さとう・さやこ) 20歳の時、一般事務だった佐藤社長がITの魅力に目覚め、ホームページ制作を独学で始める。その後、ネットワークの運用、システムエンジニア、フリーを経て、2009年にリヴィティエを設立。

株式会社リヴィティエ
代表取締役
佐藤 紗耶子 (さとう・さやこ)
20歳の時、一般事務だった佐藤社長がITの魅力に目覚め、ホームページ制作を独学で始める。その後、ネットワークの運用、システムエンジニア、フリーを経て、2009年にリヴィティエを設立。

  経営者にITについて聞くと「よく分からない、現場に任せている、業務ソフトなら導入している」と答える人が多いのではないだろうか。そんな経営者に対してリヴィティエの佐藤紗耶子社長は、「業務ソフトはITの役割のひとつでしかありません。ITはもっと自由で、新しい事業を創造するツールなのです。現場に任せずに経営者自らITを知り、活用することで既存の事業を支えることも新しい事業を構築することもできるのです」と、ITの可能性を説明する。

 フリーのエンジニアとして大手メーカーの業務システムの開発にかかわった同氏。大手企業ゆえにシステムに安定を求める開発現場の中で「もっと自由に、新しい開発をしたい」という想いが強くなり、起業を決意する。昨年、同社で研修中のインターンが企画、開発した日本初の学生のための実践演習サイト「StuCon!(スタコン)」にもその想いが生きている。

 「アイデアをウェブやアプリという形で具体化、事業化できる、これがITの面白さです。当社はそこに使い勝手の良さと見た目の美しさを常に考慮にいれています。ITを難しくしているのは多機能による操作性の悪さです。必要な機能を使いやすくデザインするだけでITはもっと身近なものになります」

 今や企業の成長に不可欠なIT、その相談役として同社の役割は大きい。

 「経営者には『アイデアを実現したい、もっと便利にしたい』などの要望があるはずです。まずはユーザー体験を徹底的に考慮したシステムデザインから開発までワンストップで対応可能な当社にご相談ください」

 

株式会社リヴィティエ

  • 設立/2009年7月7日
  • 資本金/400万円
  • 売上高/8800万円(2014年5月期)
  • 従業員数/正社員12名他契約社員、アルバイト、業務委託7名
  • 事業内容/ウェブシステム開発、ウェブデザイン、スマートフォン開発
  • 会社ホームページ

 

特集2015年注目企業25