媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

強固なセキュリティ技術でグローバル展開を目指す――江川将偉(SELTECH代表取締役社長)

株式会社SELTECH 代表取締役社長 江川 将偉氏

あらゆるデバイスがインターネットに接続される「IoT(Internet of Things)」時代に、SELTECHはこれまでにない画期的なセキュリティ対策を提供する。

江川 将偉

株式会社SELTECH
代表取締役社長
江川 将偉(えがわ・しょうい)
1977年生まれ。大阪府出身。カリフォルニア州立大学航空宇宙工学専攻、(株)PALTEK、(株)トーメンエレクトロニクスを経て2009年に(株)SELTECHを設立、社長に就任。

 デジタルカメラからテレビ、家電、さらに自動車までさまざまなツールがインターネットに接続する「IoT時代」の本格的な幕開けを迎え、日常生活の利便性が向上する半面、企業にとってはセキュリティ対策が喫緊の課題となっている。

SELTECH社長 江川将偉氏が語る日本の製造業の未来

 そんな課題を解決するのが、最先端のセキュリティ技術を取り扱うSELTECHだ。半導体商社でキャリアを積み、半導体を知り尽くした同社の江川将偉社長だからこそ可能なソフトウエア開発が特徴で、既に車載用として大手自動車メーカーとの協業が進んでいる。

 「今後ますます自動車のネットワーク化が進む中、ウイルスに汚染されて安全性が損なわれないように万全の対策が必要です。当社のセキュリティ技術『FEXER OX(フェザーオックス)』は、従来のセキュリティ対策とは根本的に異なり、ハードウエアの完全仮想化によって世界トップレベルのセキュリティ環境を実現します」

 セキュリティ技術の世界標準規格グローバルプラットフォームに則り、幅広いOS、CPUに対応することから、現在、プリンター複合機メーカーやルーターメーカーからの引き合いも多いという。

 今や、海外勢に押されて日本の製造業は厳しい状況だが、「他では真似のできない強固なセキュリティ技術をコアに、日本のものづくりを支えていきたいですね」という江川社長。国内外の半導体メーカーとタッグを組み、海外展開も視野に入れながら、500億デバイスがネットに接続するといわれる「IoT時代」にふさわしい独自のセキュリティ技術でさらなる躍進を目指している。

 

株式会社SELTECH

  • 設立/2009年9月
  • 資本金/2100万円
  • 事業内容/組込システム向け仮想技術・セキュア技術の開発・販売、音声認識と人工知能を組み合わせたシステムの販売
  • 会社ホームページ

特集2015年注目企業25