媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

子どもの受験体験を基に海外受験コンサルティングを行う――グローバルサクセスイノベーション

企業eye

自らの子ども2人を海外難関校に送り込んだ経験を生かし、海外受験コンサルタントとして活動している。数多くの子供たちに高度な教育を受けさせることで、日本を背負うグローバル人材の育成を進める考えだ。

海外受験を行うために必要な事

大川淳子社長

大川淳子社長
出 身 地:愛知県岡崎市
最終学歴:金城学院大学
趣  味:情報収集
座右の銘:挑戦、まず一歩を踏み出す

── 起業に至った経緯について教えてください。

大川 私は20年程度、国内外の不動産に投資をしています。日頃お世話になっている不動産コンサルタントの沖有人先生(スタイルアクト㈱社長)から、「物件を購入する際の決断力を生かして起業したら」と勧められました。

 私は自分の子どもを故ジョン・F・ケネディ米大統領の出身高校であるチョート校に入学させました。世界各国で将来、国を背負って立つ若者を海外の名門校に国費留学させていますが、日本ではこうした取り組みは不十分です。ケネディが言う「祖国のために何をできるか」を考え、実行する優秀な人材を育てるため、リーダー育成の実績を持つ海外ボーディングスクールへの入学支援を思い付きました。

── ボーディングスクールとはどういったものですか。

大川 主に欧米に多い寄宿舎付き私立高校を指します。名門ボーディングスクールに入学すると、幅広い教養や人脈、リーダーシップを身に付けることができます。プリーフェクトと呼ばれる上級生が下級生の生活と勉強を指導する制度が大きく寄与していると思っています。世界有数の大学や大学院に進むためには、しっかりしたボーディングスクール選びが欠かせません。私はそこに至るまでの道筋を付けるお手伝いをしています。

── 具体的にどういった支援を行うのですか。

大川 お嬢さんがいるご家庭には、領事館職員の子息が通う由緒正しいインターナショナルスクールに入学できるよう、サポートしています。インターナショナルスクールでどれだけ優秀な成績を収めたかが名門ボーディングスクールの合格に大きく影響します。重要なのは、日本語と英語双方の語彙を増やさせること。夏休みに英語を忘れないように欧米のサマースクールに通学させるなど、細かな注意を与えます。また、名門校は同じ成績の場合、一芸に秀でた学生を優先して合格させますから、1つのことを徹底的に極めるよう指導するつもりです。

 私の娘と息子は少人数教育を特徴とする米国のリベラルアーツカレッジを経て、難関大学院を目指す予定です。今後はこれらの経験も基にして十分な対策をお伝えしていきたいですね。

 

【会社データ】
グローバルサクセスイノベーション
設立:2014年11月
資本金:500万円
所在地:東京都中央区
名門校受験留学ブログ