媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

実名型グルメサービス「Retty」で世界を目指す――Retty

企業eye

武田和也社長

武田和也社長
生年月日●1983年9月2日
出 身 地●愛媛県西条市
最終学歴●青山学院大学
趣  味●仕事
座右の銘●思考が行動を変え、行動が習慣を変え、習慣が人生を変える

 

サービス開始4年足らずで600万人以上のユーザーを獲得した日本最大級の実名型グルメサービス「Retty」。学生時代から起業を志した武田和也社長が米国滞在を経てたどり着いた世界に誇れる日本の食文化とITの融合とは。

「Retty」の社名に込められた思い

── 社名でありサービス名の「Retty」とは?

武田 造語です。おすすめ(Recommend)によって人々を幸せ(Happy)にしたい、という想いで名付けました。

── なぜこの事業を始めたのですか?

武田 実家が商家で幼い頃から商売が身近な存在でした。大学時代からECサイトの運営に携わり20歳の時に起業する決心をしました。IT企業に就職した後も起業のタイミングをうかがっていました。

── なぜ食にかかわるサービスを?

武田 会社を辞めて1年間米国を旅しながら事業構想を練りました。そこで日本が世界に誇れる領域は「食とゲーム」だという結論に達して、それなら私は「食とIT」で勝負しようと腹を決めました。

── 従業員の中で学生インターンの割合が多いですね。

武田 社員はもちろんですが、優秀な学生インターンの採用に特に力を入れています。働きに応じてグレード分けされていて、好業績を上げればランキング上位に上がります。中には関西から通ってくる学生や、1年間休学して働く学生もいます。この2年で100人もの学生を迎え入れました。

── 引っ越しの多い会社だとか。

20代〜30代の男女会社員が中心で7割がスマホユーザー

20代〜30代の男女会社員が中心で7割がスマホユーザー

武田 3年間で5回もオフィスの引っ越しをしました。理由は、食を扱う会社なので、会社がある地域の飲食店を社員自身が足を運び、一通り食べ尽くしたら次の町へ移るんです(笑)。

── 今後の抱負をお聞かせください。

武田 日本の経営者の中では、ソフトバンクの孫正義社長を尊敬しています。理由は大きなリスクを負って常にチャレンジを続けているからです。われわれRettyも、今年はいよいよ世界に打って出ます。大きな目標に向かってチャレンジしながら、ナンバーワンを目指してがんばります。

 

【会社データ】
Retty
設立●2011年11月
資本金●4億5100万円
従業員●55人(インターン20人含む)
所在地●東京都品川区