媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

海外用WiFiレンタル等の総合通信サービス企業--ビジョン

企業eye

海外WiFiルーターレンタル業界トップのビジョン。「社長ではなく、社員が主役」という信念のもと、毎年増収増益を続ける佐野社長の原点はサッカーだった。創業当時の逸話から躍進の秘密を通信ベンチャーの雄が語る。

-- サッカーで学んだことが経営に役立っているそうですね。

佐野 中学・高校とサッカー漬けの毎日で、強豪の鹿児島商工(現樟南高校)に入学し、そこで「勝ちにこだわる」「自分たちで考える」「忍耐強く努力する」「全員がリーダーシップを持ち、チームプレーを行う」などをメンバーが自覚し、実践したことで県大会で優勝できました。これはビジネスでも生かされています。

-- 光通信で活躍されたとか。

佐野 昔からの夢だった起業をするため当時注目されていた光通信に入社しました。そこでは経営者になるために営業を学び、各部署の責任者を歴任、24歳で800人の部下を持たせていただきました。重田会長や玉村社長など同年代で突出した方々との出会いは大きかったです。

-- 静岡での起業について。

佐野 光通信退職後、富士市で会社を設立しました。その際、社会人サッカーチームで南米の外国人とプレーしていたのですが、彼らの悩みは母国への国際電話が高いことでした。ならばと、ビジネスで解決できるプランを作り、共にセールスをする中、10万件ものお客さまを集めることができました。彼らの活躍と共に弊社は始まりました。

-- 営業力が強みとか。

佐野 電話営業のみならず、ネットの普及に合わせて、インターネットマーケティングを営業手法に加えました。必要とするサービスや商品を消費者がネットで探すようになるにつれ、当社見込み顧客への成約率は格段に高くなりました。現在もネット経由での売り上げは全体の半分を占めています。また、顧客フォローの徹底のため、2011年、佐賀県に専門のコールセンターを設立しました。その結果、解約・キャンセル・クレームなどは大幅に低下し、顧客とのパイプも強化され、リピート率が上がりました。

-- 「グローバルWiFi®」が好評ですね。

佐野 海外ローミング料金が高額になり、困るケースが多発している状況を解決するべく、専門会社を設立し「グローバルWiFi®」事業を始めました。WiFiルーターを貸し出し、通信料金定額で格安のデータ通信を業界最多の200カ国以上でご利用いただけます。既存の通信会社と比較すると最大8割引程度の金額でご利用いただけます。今後も弊社の「グローバルWiFi®」の認知度を高め、あらゆるビジネスシーンでご使用いただける環境を作っていきたいと思います。

【会社データ】
創業/1995年6月1日
資本金/3億円
従業員/705人
売上高/97億円(今期見込み)
所在地/東京都新宿区
http://www.vision-net.co.jp/