媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

輸入車のレンタカーで最高の時間を提供したい──エグゼクティブレンタカー

企業eye

「大切な日のために、最高の演出を」をモットーに、輸入車専門のレンタカー事業を昨年6月にオープン。福岡では輸入車レンタカーの取り扱いが少ないという有利な条件の下、利用者の急拡大が期待される。

0420_20140422_kigyoeye03

エグゼクティブレンタカー
酒井利朗社長
生年月日●1978年8月17日
出身地●熊本県
趣味●車磨き、釣り
座右の銘●一意専心

福岡では珍しい輸入車のレンタカー

── 創業のきっかけから。
酒井 10代の頃からずっと何かで創業したいと思っていました。元々、車屋のディラーで整備士をしていました。その後、全く違う営業の仕事をしていたのですが、やはり車が好きで、何か車関係の仕事で起業したいと考えるようになりました。東京から福岡へ転勤した時、東京では輸入車のレンタカーが賑わっていることを知っていたのですが、福岡ではあまり見あたらないことに気付き、自分がやろうと思い、昨年6月に創業しました。
── 御社の持つ強みについて。
酒井 福岡では輸入車のレンタカーを扱っているところがほとんどないことです。大手はこの分野をやりたがりません。どうしても輸入車のメンテナンス、維持にはコストが掛かってしまうからです。一方、輸入車をレンタルで乗りたいというニーズはあります。その中で当社が、福岡で唯一の専門店として営業していることが一番の強みです。
── 車種のラインアップは?
酒井 今は4車種です。メルセデスベンツCLS350、BMW Mスポーツ、ポルシェボクスター、フォルクスワーゲン トゥワレグです。価格は7時間1万3500円から。最近は1週間から2週間くらいの長期レンタルが多くなりました。人気車種は、メルセデスベンツCLS350とポルシェボクスターです。
── 今後の展開について。
酒井 今は稼働率が上がってきていますので増車をしていきます。ベンツのSシリーズやBMWの7シリーズなど、各メーカーのフラッグシップモデルを今後、導入していきます。福岡空港や博多駅などにアンテナショップをつくることも考えています。そして、「お客様の大切な日のための、最高の演出を」というモットーがありますので、お客様が車に乗る以外の時間でも、最高で快適な時間を過ごしていただけるようなおもてなしとサービスを洗練していきたいです。

 

【会社データ】
創業●2013年
所在地●福岡県福岡市東区多の津3 ― 14― 6
http://excar.co.jp/