媒体資料
経営者コミュニティ「経済界倶楽部」

独自の“発明力”で建築・環境・健康商材を開発する──アイエスティー 近森精志社長

企業eye

アイエスティー 近森精志社長

アイエスティー 近森精志社長

近森精志氏・アイエスティーは幅広い商材を開発していく

 アイエスティー(本社・東京都中央区)は、建築資材の開発販売を行っている。近森社長は、左官大手の浪花組出身で、現場のニーズを踏まえた商品開発などを手掛けていた。

 独立後も、工事業者の利便性や安全性に配慮した商品を展開している。左官・塗装業務の効率化を図る「トップガン工法」や、水平な足場を確保する脚立「立馬」、強度打ち込み式コーン「防水コン」など。多くの商品で特許を取得しており、近森社長は優れた発明者に贈られる「東久邇宮記念賞」を受賞した。

 同社は建築以外にも事業領域を広げ、独自素材を活用した健康・美容、環境関連商材をつくっている。

 1つ目はファインセラミックスを含み断熱性と蓄温・蓄冷性を備えた素材「エネプラ」。近森社長は「エアコンの節電や自動車の燃焼効率アップなど、幅広い効果が期待できます」と自信を示す。関東のスーパー、エコスの一部店舗に導入、冷蔵ケース内の蓄冷と鮮度保持に一役買っている。

 もう1つは、遠赤外線の放射物質を組み込んだ独自素材「アイポン」だ。パフや目元シートなど健康・美容商材に配合している。近森社長は「知恵を絞って日本経済活性化の一助になるような商材を開発したいです」と語る。

 

アイエスティー
http://www.istcorp.co.jp/